スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

毛細血管拡張症のレーザー治療効果や費用はどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 レーザー治療

レーザー治療なのに保険が効いて料金が安いというケースもあるという話をご存知でしょうか?

 

毛細血管拡張症のレーザーの料金、保険費用や効果について最新情報をお伝えしましょう。

 

美容皮膚科で行われる治療は全部自腹を切らなければならない、なんてイメージが強いかも知れませんが、実は保険が適用される治療もあります。

 

レーザー治療もその1つで、医療機関で毛細血管拡張症と診断されれば保険診療価格で治療を受けさせて貰える可能性があります

 

毛細血管拡張症の場合の保険制度はどうなの?

 

病的に顔が赤くなる原因は色々考えられますが、特に症例数が多いとされるのが毛細血管拡張症の症状です。

 

意識してリラックスする時間を確保して自律神経を整える対策、カフェインなどの刺激物を避ける対策も有名ですよね。

 

その他腸内環境を改善する対策など、生活習慣を見直すことで状態が良くなることもありますが、確実に赤みを目立たなくさせるにはレーザー治療やフォトフェイシャルなど光治療も有効です。

 

患部にレーザーを照射することで拡張した毛細血管が凝固、収縮し、赤みを薄くさせることができます。

 

レーザーは様々な用途に用いられますが、毛細血管拡張症の治療には血管中のヘモグロビンに反応する光線が出る機器を使います。

 

レーザー治療にかかるお金

 

毛細血管拡張症のレーザー治療を受ける場合、費用は照射範囲によって決まります。

 

左右の頬ぐらいの範囲なら、大体1回で20,000円から30,000円ぐらいが相場価格でしょうか。

 

大抵の場合1度で済むことはなく、毛細血管の密度によって3ヶ月に1度のペースで何度か通う必要があります

 

保険が効かないとなると相当な費用を費やすことになりますから、保険適用されるクリニックかどうか必ず確かめた上で受診しましょう

 

また、照射費用は1割負担、3割負担でOKでも、その他診察料や軟膏などの料金がかかるので費用は余裕を持って持参すると安心です。

 

赤みが強く出ている範囲が広い場合、手持ちの現金では足りなくなる恐れもありますから、分割払いが効くかどうかも問合わせておいた方が無難かも知れません。

 

レーザーで完治する??

 

患者さんが気になるのは、保険が適用されたとしても決して安いとは言えないレーザー治療の治療効果でしょう。

 

果たしてレーザー治療で毛細血管拡張症を完治させることは可能なのでしょうか。

 

残念ながら、毛細血管拡張症の原因がはっきり解明されていない以上、一旦状態が劇的に改善しても何らかの理由で症状がぶり返してしまう恐れはあります

 

 
現時点では毛細血管拡張症がレーザーのみで完治するとは断言することはできません。

 

ステロイド外用剤のせいで顔が病的に赤くなっている場合、いくらレーザー治療を受けてもアトピー性皮膚炎が治癒し、副作用の影響が続いている限り赤みは消えないでしょう。

 

それでも、実際にレーザー治療で赤みを薄くすることに成功している患者さんが多いことからも、試す価値のある治療法の一つであることは間違いありません。

顔の毛細血管拡張症の原因と良く効く漢方薬の見つけ方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 顔

毛細血管拡張症が顔に出る原因は漢方で取り除くことができるかも知れません。

 

インターネットで「毛細血管拡張症 顔 漢方」と言うキーワードで検索してみて下さい。

 

毛細血管拡張症はレーザー治療のような光治療でも症状を軽くすることができますが、そういった外からのアプローチの他、身体の内側から働きかける漢方治療も人気を集めています。

 

レーザー治療は皮膚に対する負担が強く、値段が高い上に必ず効果があるとは限らない治療法です。

 

太めの血管を目立たなくする為に硬化剤を注射する硬化療法も、色素沈着トラブル、しこりトラブルに見舞われるリスクを伴います

 

時間がかかってもじわじわと効く可能性があるなら漢方治療を試したい、と考えるなら是非専門医のところで診察を受けてみましょう

 

西洋医学のお薬は体質に関わらず症状によって処方薬が決まりますが、漢方薬は今出ている症状だけではなく元々の体質も考慮し、どの薬を処方するのか決定されます。

 

 
この判断は専門医にしかできませんし、根本的な原因を突き止める為にも自己判断は禁物です。

 

毛細血管拡張症自体、お酒の飲み過ぎで引き起こされることもありますし、薬の副作用で症状が現れることもあります。

 

まずはご自身の病状の原因を探ることから始めなければなりません。

 

アルコールが原因なら禁酒こそ治癒の近道になりますし、薬の副作用として症状が出ているなら、治療方法を考えるところから取り組む必要があります。

 

そもそも、毛細血管拡張症と症状がよく似た他の病気もありますから、本当に顔の病的な赤みが毛細血管拡張症のせいなのか、診断して貰う必要があります。

 

漢方治療のメリット&デメリット

 

毛細血管拡張症はアトピー性皮膚炎と併発しやすいことで知られていますが、ステロイド外用薬の副作用として慢性的な赤ら顔になってしまうパターンが珍しくありません。

 

こういった西洋薬剤の弊害が広まるにつれて、東洋医学に基づいて処方される漢方治療にも注目が集まっていますが、速攻性は期待することができません

 

他の皮膚病も併発し症状が重症化している場合、独断でいきなりステロイドを止めて漢方薬を飲み始めるのは大変危険です。

 

漢方治療に明るいドクターなら、ステロイドと漢方薬を上手く併用しながら徐々に漢方1本に絞っていくような治療も可能な筈なので、信頼できるお医者さんを探すことから始めましょう。

 

毛細血管拡張症の漢方治療はどの病院でも行っているわけではありませんし、漢方を処方してくれる医療機関を見つけることが先決です。

毛細血管拡張症で鼻の赤みが起こる原因と対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症の鼻の赤み

毛細血管拡張症が鼻に出る原因は薬の影響だと言われています。

 

元々皮膚が薄い方は気温の変化ですぐに毛細血管が拡張しやすく、慢性的な赤ら顔に悩まされている寒い地方の住人も少なくありません。

 

ニキビや皮脂による炎症、アルコールなど刺激物の過剰摂取によって発症する例もありますが、薬剤治療の影響で鼻が病的に赤くなることもあります。

 

病状を悪化させない為にも、まずはご自身の鼻の赤みを引き起こしている原因を探ることから取り組む必要があります。

 

原因によって対処法も違います

 

既にアトピー性皮膚炎などでステロイド外用薬を塗布している場合で、最近鼻の赤みが気になる・・・と言うことであれば、薬の副作用が鼻に出ている可能性が強いでしょう。

 

アトピー性皮膚炎以外にも、ケロイド治療などでもステロイド外用薬は処方されます。

 

いずれにしてもステロイドを長期間使い続けると毛細血管が浮き出て見える程皮膚がどんどん薄くなり、やがて毛細血管拡張症と言う新たな病を招き寄せてしまうことになります。

 

レーザー治療の受け方

 

鼻の毛細血管拡張症を治療する方法にも色々ありますが、有効な治療法の1つにレーザー治療があります。

 

ただ、レーザー治療は症状、治療段階に合わせてレーザーの種類、出力を使い分けることが重要です。

 

たまに「レーザー治療はお金も時間もかかる割にあまり効果がない」なんて意見も見掛けますが、恐らく症状に合っていないレーザーで治療した結果、思うような効果を得られなかったと考えられます。

 

 
保険が適用される為、恐らく最初に受ける確率が高いのがVビームと言う色素レーザーですが、このレーザーが確実に効くとは限らないので注意が必要です。

 

Vビームでしばらく治療を続け、改善の兆しが見えてこないようなら、たとえ自費診療でも違う機種にトライしてみるべきです。

 

レーザー治療は手っ取り早く皮膚の赤みを消すことができる魔法の治療法・・・と誤解されているかも知れませんが、実は根気のいる治療法です。

 

例えば肌の表面に細かい血管がちりちり浮いている状態なら、ヤグレーザーやVスタレーザー、全体にぼんやりと赤くなっているだけの軽度の肌の赤み状態ならダイオードレーザー、など重症度に応じてレーザーを使い分けます。

 

保険が使えるレーザーを導入していることはもちろん、もしVビームが効かなかった時の為に最新レーザーも複数台揃えているかどうか、受診の際は皮膚科の設備面も必ずチェックしましょう。

毛細血管拡張症が太ももに生じる原因は立ち仕事!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 太もも

毛細血管拡張症が太ももに出る原因は複数考えられますが、元々の体質以外の原因では長時間の立ち仕事も引き金になります。

 

教師や看護師、販売員や美容師、調理師など、毎日何時間も立っていなければならないお仕事の場合、いつの間にか太ももの血管が目立つようになっているケースが少なくありません。

 

つまり、毛細血管拡張症は職業病の一つの症状と言えるかも知れません。

 

また、妊娠中や産後に太ももの血管が浮き出ていることにふと気づくケースも。

 

 
特に2人目以降の妊娠、出産後、こういった血管トラブルに見舞われる確率が高いので注意しましょう。

 

顔の赤みよりは人目につかない部位とは言え、症状が重症化すると血管が瘤のように浮き出て来るので見た目も気になりますし、足のむくみやだるさなど不快な症状にも見舞われやすくなります。

 

要するに下半身の血流が極端に悪くなっている状態ですから、血の巡りが滞っているせいで皮膚の強烈な痒み、色素沈着、湿疹などのトラブルが引き起こされることもあります。

 

重症化すると手術の可能性も

 

太ももの血管が多少気になるぐらいなら特に問題ありません。

 

けれど歩いている時寝ている時に足が頻繁につる場合、皮膚炎のような皮膚トラブルを併発している場合は「たかが太ももの赤み」と無視することはできません

 

これ以上悪化するのを防ぐ為に、伸縮性の強い医療用弾性ストッキングを履く圧迫療法、血管内部に硬化剤を注射する硬化療法など治療を受ける必要があります。

 

 
見た目が気になる場合、レーザー治療も検討する必要があります。

 

既に重症化してしまっている場合、ストリッピング手術や高位結さつ術など、入院もしなければならない外科的手術を受けなくてはなりません。

 

早い段階で病状に気づき進行を食い止めましょう。日頃から予防対策に取り組むことも大切です。

 

ハードな運動は逆効果?!

 

立ち仕事の方や遺伝的要素を抱えている方、これから妊娠を予定している方は、太ももに毛細血管拡張症が出る可能性が強いので、普段から予防対策に励みましょう。

 

下半身を中心に、全身の血流が停滞しないよう適度に身体を動かすことが効果的な予防対策になります。

 

足の筋肉も自然に鍛えられるので、ウォーキングの習慣も是非取り入れてみて下さい。

 

ただし、身体を動かすと言っても激しい運動や長時間のジョギングは逆効果になる恐れがあるので、スローペースで取り組むことができる有酸素運動を心掛けましょう。

 

その他、締め付けのきつい下着は避け、肥満体質になるような食事を控えることも、毛細血管拡張症のような血管トラブルを回避する為に有効です。

毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 保険

毛細血管拡張症は皮膚科で保険が適用される病気ですが、保険が認められる条件はあるのでしょうか?

 

健康保険を適用される為には医療機関で毛細血管拡張症だと診断されなくてはなりません

 

暖房で温められた室内から外に出た時、急激な温度変化の影響で頬が真っ赤になることがありますが、このように症状が一時的にしか出ない場合などは病気と診断されないかも知れません。

 

重症度は個人差がありますが、受診した時皮膚に毛細血管が浮き出ている状態なら毛細血管拡張症と診断して貰える筈です。

 

いずれにしても医師が診やすいよう、女性はお化粧を落とした状態で受診して下さい。

 

保険治療の問題点

 

皮膚科で毛細血管拡張症と認められれば健康保険を使うことができますから、治療費がかなり安くなります。

 

ただし、保険治療で使えるレーザーの種類は限られています

 

皮膚科によって導入しているレーザーの種類は異なりますが、保険が適用されるのはVビームと呼ばれる機種です。

 

軽度の毛細血管拡張症なら、このレーザーを何度か照射することで赤みが目立たなくなる可能性があります。

 

症状、部位によって最適なレーザーは違うので、状態によっては自腹を切ってもっと性能の良い機種に乗り換える必要があります。

 

保険も永遠に使えるわけではなく、回数には制限があるので治療を受ける皮膚科に確認して下さい。

 

Vビームのデメリット

 

キャンデラ社Vビームキャンデラ社のVビームは、赤いヘモグロビンに反応する光線を照射することで肌の赤みを目立たなくさせることができるレーザー機種です。

 

上手く作用すれば施術する度に赤みが抜け、次第に透明感のある健康的な肌に戻るでしょう。

 

保険治療を狙うならVビームを導入している皮膚科を探さなければなりませんが、費用にも差があるのでできるだけ安いところを見つけましょう。

 

Vビームでどれぐらいの効果を現れるのかは実際に施術してみないことには分かりませんし、治療のステップアップを考え複数種類のレーザーを揃えている医療機関だと安心です。

 

また、Vビーム照射後、赤紫色の内出血が出る恐れがあります。

 

 
この内出血は早ければ1週間程度で引きますが、場合によって1ヶ月近く残ってしまうこともあるので、こういった副作用についてもしっかり理解しておいて下さい。

 

内出血のリスクを回避する為、出力を弱めて照射することもあります。

 

レーザー照射中、ばちっと電気で弾かれたような痛みを伴いますが、もし気になるようならクリーム麻酔を処方して貰うと無痛状態で受けることができます。

 

施術時間は照射範囲によりますが、長くても30分程度で終了する筈です。

毛細血管拡張症の赤みが腕に出る原因と危険な治療薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

腕の赤み

毛細血管拡張症が腕に出る原因は薬の副作用かも知れませんが、自己判断で現在処方されている薬剤の使用を中止するのは大変危険です。

 

ステロイドの副作用が問題視され、最近はアトピー性皮膚炎に対しても漢方などステロイド以外の治療法が見直されています。

 

ただ、ステロイドは計画的に使わなければならない薬剤なので、止める時も時間をかけてレベルや量を落としていかなければなりません。

 

薬が原因だった場合の対処法

 

ステロイドと漢方薬を併用する治療法もありますし、まずはかかりつけの医師に相談し、指示を仰ぐことが先決です。

 

脱ステロイドを希望しているのに頭ごなしに否定するようなら医師なら、思い切って病院を変えるのも選択肢の一つです。

 

 
いずれにしても、自己判断でステロイドを急にストップするのは危険なので治療は専門医と二人三脚で行うことが重要です。

 

恐ろしいリバウンド

 

医師のサポートなく、長年使用していたステロイドを突然使わなくなると、物凄いリバウンド現象に襲われることになります。

 

夜も眠れない程強烈に痒くなり、毛細血管拡張症のせいなのかどうか分からない程、腕はもちろん全身が真っ赤になることも。

 

ひどければこの状態が何ヶ月も続くので、精神的に参ってしまう患者さんも少なくありません。

 

無計画な脱ステロイドのせいで白内障や心臓弁膜症などの深刻な病を招いてしまったケースも報告されています。

 

こういったリバウンドを防ぐ為、ステロイド治療を中止する時は医師がステロイドの種類、量を見極めて計画的に減らしていくわけです。

 

安易なアンチ・ステロイド派の意見に踊らされ、病状を重症化させることがないよう、専門家の意見にも耳を傾ける姿勢が大切です。

 

根拠のない民間療法に要注意

 

ステロイドが原因で毛細血管拡張症の症状が腕に出ることもありますが、脱ステロイドを目指し民間療法を頼る時は注意が必要です。

 

毛細血管拡張症もアトピー性皮膚炎同様、ある程度の原因は分かっているものの、万人に効く治療法が確立されているわけではない難しい病気です。

 

こういった病気は民間療法で治ることもありますが、中には根拠のない怪しげなものも・・・。

 

特に高額の費用がかかる治療法にトライする時は、詐欺に引っかからないよう気をつけなければなりません。

 

ステロイドの次には、漢方療法など効く根拠が明確になっているものから取り組みましょう。優しいスキンケアに取り組むことも必要です。

 

どの治療法も魔法のように即座に腕の赤みが消え去ると言うことはありません。時間をかけて根気よく取り組むことが大事です。

ステロイド薬が原因で毛細血管拡張症になるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 ステロイド

毛細血管拡張症と言うといかにも難しい印象を与えてしまうかも知れませんが、要するに赤ら顔のことです。

 

赤ら顔も重症化すると外に出るのが精神的にきつくなる程辛くなりますし、お化粧でもカバーするのが難しくなります。

 

そもそも男性患者さんは女性のようにお化粧で誤魔化すことができませんし、営業職、接客業のように人に会う職業の場合仕事に差し支えることも・・・。

 

原因を把握し適切に対処し、1日でも早く皮膚の病的な赤みを鎮めなければなりません。

 

ただ、毛細血管拡張症の原因は1つではありません

 

元々皮膚が薄い体質の方もこの病状が現れやすく、ニキビによる炎症が悪化し毛細血管拡張症まで発展することもあります。

 

その他、脂漏性皮膚炎が原因になることもありますし、気温による毛細血管の拡張によって顔が真っ赤になるケースも珍しくありません。

 

スパイスやアルコールの過剰摂取によって引き起こされることもあります。

 

つまり、普段の生活習慣とも深く関わっている皮膚疾患です。

 

自己判断は禁物!!

 

食事を改善することで呆気なく改善するケースもありますが、近年薬の副作用による発症例も問題になっています。

 

特に多いのが、アトピー性皮膚炎の治療で処方されるステロイドの副作用によって発症するケースです。

 

ステロイドはよく鎮火剤に例えられますが、発火原因を消し去ることはできないものの、火が激しく燃え上がるのを早く食い止める力に優れています。

 

適切に使用すれば素早く効いて症状の重症化を防いでくれますし、必ず副作用が出るとも限りません

 

けれど長期間使い続けることで、毛細血管拡張症のような副作用が出始めることは間違いありません。

 

治療が長引くアトピー性皮膚炎のような病気の治療に用いる時は細心の注意が必要です。

 

また、顔の赤みはアトピー性皮膚炎の症状だと思い込み、発症に気づくのが遅くなってしまうケースも目立ちます。

 

 
もしステロイド治療中、病的な顔の赤みに気づいたら、自己判断で薬の使用を中止するのではなく担当医の指示を仰ぎましょう。

 

毛細血管拡張症はステロイドのせいだ、と勝手に治療を中止することで、どちらの症状もいきなり悪化する恐れがあります。

 

ステロイドのレベルは5段階に分かれていますが、作用力が弱いからと言ってステロイドの占有量が少ないとは限りません。

 

症状に応じて微調整が欠かせませんが、このさじ加減を見極めることができるのは専門医だけです。

 

ステロイド治療を止めたい時も、まずは担当医に相談することが先決です。
【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 30,631ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,320ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 11,903ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,300ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 10,770ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,032ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 8,941ビュー
最近の投稿