スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

赤みを帯びた湿疹のアトピーが出やすい人は赤ら顔になりやすい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

アトピー 赤ら顔

アトピーで赤ら顔になってしまった場合、治るまで長期戦を覚悟しなければなりません。

 

慢性化し広範囲に及ぶニキビによる赤ら顔も厄介ですが、アトピー患者さんの辛さに比べたらまだマシかも知れません。

 

そもそも、アトピー自体体質の問題でいまだに明確な治療法が確立されていません

 

しかも、一昔前まで多大な問題を抱えるステロイドが普通に使われていた為、長期使用による副作用で皮膚が薄くなり、赤ら顔になってしまっているケースも目立ちます。

 

アトピーの代表的な症状の1つ、赤みを帯びた湿疹のせいで顔全体が赤くなる為、むしろ赤ら顔ではない患者さんの方が少ないぐらいです。

 

 
しかもこの湿疹は強烈な痒みを伴います。

 

いけないと分かっていてもどうしても指で掻きむしることを止められず、傷ついた湿疹が更に炎症を起こしたり引っ掻き傷で赤みが増す悪循環に陥りやすい傾向も見られます。

 

赤ら顔を鎮める為にはアトピー自体の治療が先決ですが、完治は難しくても寛解を目指し、少しでも良い状態を保てるよう対策を練りましょう。

 

赤ら顔の治療同様、アトピーの対策、治療も症状を引き起こす要因によって変わります。

 

遺伝や皮膚のバリア機能低下など体質に関する要因の他、ダニやカビ、埃などアレルゲンとの接触、ストレスなど環境関連の要因も考えられます。

 

面倒なことにこういった要因が複数重なり合って重症化するケースも珍しくありませんが、皮膚にできるだけ不要な刺激を与えず、根気良く治療に取り組みましょう。

 

最近は乳酸菌を使った腸内環境改善対策の有効性も認められつつありますし、赤ら顔用のスキンケア“"漢方による体質改善対策も試す価値がある筈です。

 

解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 肝臓

赤ら顔は肝臓が原因になっている可能性も十分に考えられます。

 

病的なまでに顔が赤くなってしまう赤ら顔の症状は、皮脂の過剰分泌による慢性ニキビや脂漏性皮膚炎、ステロイドの副作用や極度の乾燥肌、血管腫などによって引き起こされます。

 

皮膚に問題がなく自律神経の影響で身体の興奮時、顔が真っ赤になってしまうタイプも珍しくありません。

 

赤ら顔にお悩みなら、まずは原因を探り、適切な対策、治療に取り組む必要があります。

 

 
もし普段からよくお酒を飲んでいるなら肝臓疾患を疑ってかかり、一度検診を受けた方が無難です。

 

名医は顔色を見ただけである程度健康状態が分かると言われますが、顔色が悪い場合同様赤ら顔も体内循環、血液循環が健全に働いていない証です。

 

解毒を司る肝臓機能が著しく低下すると、血流もスムーズに流れなくなりますし毒素を無害化することができず大変危険です。

 

沈黙の臓器が手遅れにならないように

 

特に男性は顔が赤いだけで死ぬことはない、と放置しているケースが目立ちますよね。

 

けれどよく知られているように、肝臓は手遅れになってからでないと明らかな痛みや違和感を覚えない沈黙の臓器です。

 

また、飲酒後血流が良くなり顔が赤らむことはそう病的とは言えませんが、しょっちゅう飲酒しているせいで毛細血管の拡張も慢性化し、いつも顔が赤みを怯えている方も依存症一歩手前で大変危険です。

 

肝臓はアルコールを代謝するだけではなく、脂っこい食事や添加物など有害物質の分解も担当している臓器です。

 

飲酒習慣に身に覚えがあり赤ら顔を自覚している方は、肝臓に負担をかけ過ぎていないかどうか、早い段階で病院に診て貰いましょう。

 

赤ら顔の治療でよく使われる2つのレーザー治療方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 レーザー

赤ら顔をレーザーで治療するなら、レーザー治療専門クリニックだと安心です。

 

シミ治療や脱毛など様々な作用を持つレーザーですが、レーザーマシンは種類によって発揮する効果が違います。

 

同じレーザー治療でも症状によって適切なレーザーは異なりますし、患者さん1人1人にぴったり合う治療を行う為にもレーザー専門クリニックなら設備も整っているので安心です。

 

 
赤ら顔のレーザー治療でよく用いられるのは、Vスターレーザーやヤグレーザー、ダイオードレーザーなど。

 

急激な気温の変化で顔が真っ赤になるタイプ、緊張や興奮で赤みが出るタイプで比較的症状が軽い場合、皮膚の代謝力を上げるダイオードレーザーで肌の血行促進を促します。

 

レーザー照射後、皮膚表面に血管が浮き出なくなり、うっ血した血液を貯め込みにくくなる為、症状も緩和します。

 

もう少し症状が重く、慢性的に毛細血管が浮いている状態でいつも全体的に赤みがぼんやり広がっている場合、Vスターレーザーで浮き出た血管をソフトに破壊し症状を抑えます。

 

更に重症の場合はヤグレーザーピーリングで深部の血管までレーザー光線で熱エネルギーを照射し、赤ら顔を引き起こす拡張状態の毛細血管を破壊する治療が有効です。

 

ヤグレーザーピーリングのような威力の強いレーザーを用いた場合、治療後カサブタができたり内出血、内出血で現れる紫斑などが出る恐れがあります。

 

時間が経てば自然消滅するものですが、1週間程度はお化粧を控えるよう指示されます。

 

レーザー治療前後は日焼け厳禁でUV対策を念入りに行う必要がありますし、治療後炎症を抑える為に抗生物質の内服剤や外用薬も処方されます。

 

顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 漢方

赤ら顔を漢方で治したい、と漢方医のところに駆け込む方が増えています。

 

単純な皮膚疾患が原因で顔が赤みを帯びてしまっているケースは、肌トラブルを解決すれば自然に顔色も落ち着きます。

 

ただ、体質の問題や自律神経の乱れで症状が引き起こされている場合は、表面に現れている症状に応急処置的にしか対応できない西洋医学より、根本的な原因にアプローチする東洋医学への期待値が高くなります。

 

 
処方される漢方薬は赤ら顔の原因次第で変わります。

 

赤ら顔で処方される漢方の例

 

例えばニキビが活性化しているような状態なら、過剰に分泌されている皮脂を抑える半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)が有効です。

 

人前に出ると緊張して顔が真っ赤になってしまうタイプ、興奮したり激怒して顔を赤くするタイプは、憤り動揺する身体を鎮める作用の漢方が処方されます。

 

代表的なのは天王補心丹(テンノウホシンタン)知柏地黄丸(チバクジオウガン)、それに滋陰降火湯(ジインコウカトウ)等々。

 

一方、寒い屋外から暖められた室内に移動すると気温差で顔が赤くなるタイプ、ほてりなどによる赤み、お酒を飲んで顔が赤くなるタイプの方は、血流に問題を抱えている恐れがあります。

 

いわゆるどろどろ血液に近い状態で、血液の中に溜まっている栓のせいで血流がスムーズに流れない状態です。

 

その為毛細血管が広がりやすく、顔が赤くなると考えられます。参考→毛細血管拡張症

 

このタイプの体質と診断されたら、温経湯(ウンケイトウ)や桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)が処方される確率が高いでしょう。

 

どの漢方薬もドロドロ血液をサラサラ血液に改善する作用を持ちます。

 

赤ら顔対策のクリームならビタミンK配合の美容クリームが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 クリーム

赤ら顔はクリームによって随分状態が良くなる筈です。

 

赤ら顔を少しでも目立たなくする為には、赤みを抑える作用を発揮するビタミンK配合の赤ら顔クリームを選びましょう。

 

皮膚科を受診して赤ら顔を治す場合も、ビタミンK配合のクリームが処方される確率が高いようです。

 

皮膚科の赤ら顔治療では内服タイプのビタミン剤も処方されます。

 

クリームの場合ニキビが原因の赤ら顔の場合ビタミンB、乾燥による赤ら顔の場合ビタミンEが有効で、ビタミンKとこれらのビタミンをミックスしたクリームを出して貰えることもあります。

 

 
いずれにしても、赤ら顔を鎮めるのに即効性を発揮するステロイドは副作用が強く、一時的に症状が治まっても長期間使用することで状態は確実に悪化するので避けるべきです。

 

現在はステロイドの副作用問題が騒がれていますが、一昔前までアトピー性皮膚炎の救世主だったステロイドはごく当たり前に処方されていました。

 

一時的に使う分にはそう心配することはありませんが、アトピー性皮膚炎のように慢性化する病気の場合、処方薬も使い続けなければなりません。

 

強いステロイドを長年使い続けてきた患者さんの場合、脱ステロイド計画と言って段階を追って薬剤の量を減らさなければならない程、リスクの高い薬です。

 

ステロイドを顔に塗り続けたせいで皮膚が薄くなり、毛細血管が透けてしまうタイプの赤ら顔になっている方も少なくありません。

 

赤ら顔のクリームを病院で出して貰う時には、ステロイドを使いたくないと申し出ることも大切です。

 

赤ら顔のファンデーションをカバー力重視で選ぶのが危険な理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 ファンデ

赤ら顔はファンデーションで誤魔化すことができますが、カバー力重視で選ぶのは危険です。

 

赤ら顔になってしまう理由は個人差が激しいので一概には言えませんが、カバー力重視でファンデーションを選んでもそう問題はないのは自律神経の乱れで顔が赤くなってしまうタイプの女性ぐらいです。

 

また、月経が終わる50代以降に悩まされる更年期障害同様、ふとしたタイミングで急に頬がほてりだし顔の赤みが一気に増してしまう症状の場合、ファンデは控えた方が無難かも知れません。

 

赤みと同時に発汗作用も刺激される確率が高くファンデーションを厚塗りしていると大変な事態に陥る可能性があります。

 

 
ニキビやアトピーなどのアレルギー性皮膚炎、肌荒れがひどいせいで顔が赤くなってしまっている場合、ファンデーションを塗り重ねることで余計状態が悪化し赤みが増す恐れがあるリスクは把握しておきましょう。

 

相変わらずブームが続いているミネラルファンデーションも、皮膚呼吸を妨げることには代わりありませんから全く問題がないわけではありません。

 

もちろん、ある程度の年齢になると外に出る時に全くファンデーションを塗らないわけにはいきません。

 

赤みを抑えるグリーン系の赤ら顔専用ファンデーションも販売されていますし、カラーコントロールができて皮膚に負担をかけないファンデを選びましょう。

 

ほんのり色がついた日焼け止め乳液もオススメです。ニキビが原因の赤ら顔ならアクネ対策できるファンデーション…と多機能ファンデが活躍する筈です。

 

ニキビ肌の赤ら顔ならアクネケアやセラミドなど保湿効果の高い化粧水がおすすめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 化粧水

赤ら顔は化粧水次第でかなり改善の余地があります。

 

赤ら顔に効く化粧水は原因によって異なりますが、まずニキビのせいで顔全体が赤くなってしまっているならニキビを鎮静化する作用を発揮する化粧水が一番です。

 

顔全体が赤く見える程炎症を起こしてしまっているニキビが活性化している限り、赤ら顔トラブルから解放されることはありません

 

脂っこい食べ物を控えるなど普段の生活対策と同時進行で、アクネケアできる化粧水でお手入れしましょう。

 

ニキビ肌は乾燥しやすい為、潤いもたっぷり補充できるタイプがオススメです。

 

たまに清涼感だけの実は肌に刺激が強過ぎるアクネローションもあるので、気をつけて下さい。

 

また、極度の乾燥、肌荒れによる赤ら顔の場合、セラミドなど保湿効果に優れた成分を配合している化粧水がぴったりです。

 

肌に触れてみて乾燥よりもたるみが気になるようなら、コラーゲン配合の化粧水も試す価値がある筈です。

 

 
要は健康的な肌を取り戻す為に、土台を整える化粧水を選ぶことが大切です。

 

赤ら顔専用の化粧水もあるのでそういった専用のものでケアした方が手っ取り早いかも知れません。

 

スキンケアとしては、オイズのPBジェル“"、ドクターシーラボのレッドフェイストナーやヌウのアカラフォーミュラ、気温差による赤ら顔に効くと評判のデルマローズトニックなどが有名です。

 

また、美容皮膚科でドクターズコスメを処方して貰えば、必要なビタミン剤などの内服剤も出してくれる筈なので内側と外側からダブルアプローチすることが可能です。

 

赤ら顔対策に重要な化粧下地などの化粧品の3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 化粧品

赤ら顔は美容液などの化粧品で症状を抑え、誤魔化すことが可能です。

 

男性はローションやクリームで赤みを抑えるぐらいしか対応できませんが、女性はファンデーションを塗ることができるのでかなり有利ですよね。

 

赤ら顔は原因によって有効な対策方法が違いますが、皮膚に問題がある場合ニキビならニキビ用、乾燥なら乾燥用のローション、クリームでお手入れして土台を整えましょう。

 

そしてファンデーションを塗る前に欠かせないのが、化粧下地です。

 

グリーン、もしくは青の下地は赤ら顔の化粧品対策に欠かせないアイテムで、赤みを抑える効果を発揮するので是非メイクボックスに常備しておきましょう。

 

 
色味が濃い下地を厚く塗り過ぎてしまうとゾンビのような顔色になってしまうので要注意ですが、赤みが強く出る部分を中心に軽く塗り伸ばしていくのがコツです。

 

健康的な顔色の方、一般的な頬の赤みぐらいなら、イエローの下地で十分カバーできますが、赤ら顔を気にしている場合はグリーン系、ブルー系の下地が頼りになります

 

同様に、パープル系も赤ら顔対策には効果的ですが、実際に塗ってみないと合う、合わないは分かりませんから必ず試してから購入しましょう。

 

下地の上から軽くファンデーションを塗って仕上げますが、赤みを気にしてチークを塗らないのはNGです。

 

赤ら顔対策の為に赤みを抑えているわけですから、チークを塗らないとのっぺりした顔に見えてしまいます。

 

それにチークを多少入れると視線もそちらに行きますので、赤ら顔が目立たなくなる効果も期待することができます。

 

赤ら顔って治療できるの?漢方や美容液を使った改善法や治し方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 1分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 治し方

赤ら顔を改善する為の治療、治し方は、原因が分かっていない限り見つかりません

 

ニキビや肌の厚みなど皮膚自体が問題を抱えている場合もありますし、自律神経が問題になっている可能性もあります。

 

もし皮膚のトラブルなら食生活を改善したり、赤ら顔の美容クリーム“"などを塗布することで赤ら顔を改善することができます。

 

ただ、極端に緊張してしまう性格の方や精神的なストレスを強く感じている場合、皮膚科よりも診療内科に足を運ぶべきかも知れません。

 

心療内科で自律神経失調症と診断されると、患者さんの症状に合わせて自律神経調整剤や精神安定剤、ビタミン剤などが処方されます。

 

 
眠れないことが原因で神経が不安定になっている場合は、睡眠誘導剤や睡眠薬が出して貰える筈です。

 

薬剤に抵抗を感じる場合、漢方処方を行っている医療機関、薬局で黄連(オウレン)や芍薬(シャクヤク)、抑肝散(ヨクカンサン)などの漢方を処方して貰う選択肢も考えられます。

 

女性は中高年になり、更年期障害による赤ら顔でしんどい思いをするケースも珍しくありませんし、その場合ホルモン剤で不足した女性ホルモンを補充する治療が行われるかも知れません。

 

最適な治療方法に早く辿り着く為にも、一度医療機関で赤ら顔の原因を調べて貰いましょう。原因を突き止めない限り、赤ら顔の治し方も分かりません。

 

ごく稀に原因不明の赤ら顔に悩まされるケースもありますが、病院に行けばなぜ顔が赤くなるのか、大体の因果関係を教えて貰える筈です。

 

赤ら顔の3つの原因と対策方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔の原因と対策

赤ら顔は原因、対策が個人個人違うので、最短ルートで問題を解決する為にもまずはご自身のタイプを突き止めることから着手しましょう。

 

誰でも寒いところから暖房の効いた暖かい部屋に入ると、急激な温度変化によって顔が赤くなってしまいます。

 

皮膚が薄い頬が赤くなる場合、突然の温度変化による赤ら顔なのでそう心配は要りません。

 

お酒を飲んだりお風呂に入った時も一時的な赤ら顔になりますが、皮膚表面の血流スピードと体温が落ち着けば赤みも引く筈です。

 

 
問題は病的な要素を含む他のタイプですが、赤ら顔の原因は症状からもある程度分析可能です。

 

あなたの赤ら顔はどのタイプ?

 

一番分かりやすいのが、炎症を起こしている真っ最中のニキビのせいで顔が全体的に赤く見えてしまうタイプです。

 

ニキビが治らない限り、顔は常に赤っぽく見えてしまいます。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎で顔がかぶれて赤く見えるタイプも、アレルギー反応を起こさないよう対策を練るしかありません。

 

また、元々肌の色素が薄い肌質、極端な敏感肌の方、薬の副作用で肌の厚みが失われてしまっている方も、毛細血管が皮膚表面に透けて見えてしまっていることから顔が赤く見えてしまいます。

 

肌が荒れ過ぎてしまい、皮膚の表皮細胞に傷がたくさんできて赤く見えるタイプも、肌荒れを治す対策が必要です。

 

難しいのは自律神経の1つ、緊張や羞恥心を司る交感神経が活性化し、周囲の温度に関わらず精神的な作用で赤ら顔状態になる場合かも知れません。

 

その他、血管が拡張する原因不明の皮膚疾患のせいで顔全体が赤くなるケースも報告されています。

 

1 9 10 11
【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿