スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

ピーリングは赤ら顔対策には逆効果になる2つの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ピーリング

赤ら顔にピーリングは逆効果だということは覚えておきましょう!

 

皮を剥がされたあげく騙されて海水を浴び風にあたってしまった因幡の白兎のように、赤ら顔にピーリング施術は乱暴過ぎます。

 

身体中傷だらけになってしまった兎が真水で洗って回復しましたが、過敏状態の赤ら顔もできるだけ刺激を与えないお手入れが必要です。

 

そもそもピーリングのやり過ぎで赤ら顔になってしまうケースも多く、皮膚科で行う威力の強い施術ほど注意しなければなりません。

 

ニキビやニキビ跡を治す為にピーリングを行い、副作用として肌の赤みが強く出てしまうケースも目立ちます。

 

 
ピーリング作用のあるピーリング石鹸やピーリングパックの乱用もリスキーです。

 

元々問題のなかった肌をより美しく磨こうと頑張った結果、今までになかった顔の赤みに悩まされているケースも珍しくありません。

 

ピーリングは皮膚の古い細胞を半ば強引に剥がし、新陳代謝を促進する美容メニューです。

 

健康的な肌に行う分には皮膚の透明感を増加させたり肌をワントーン明るく見せる効果を得られますが、やり過ぎは禁物です。

 

1度で目に見えて肌が美しくなる為、癖になるようですが敏感肌ならたった1回だけでも顔の赤みが引かないトラブルに見舞われてしまう可能性があります。

 

表皮が新しく生まれ変わることでくすんだ角化細胞は剥がれ落ちますが、過度のピーリングでターンオーバーを促進し過ぎると正常な構造も逆にガタガタになってしまいます。

 

特に肌に問題がなくても、このリスクを踏まえ、ピーリングを行って下さい。

 

既に赤ら顔トラブルに見舞われている場合、肌が落ち着くまで当分ピーリングはお預けです。

 

ビタミンC美容液を赤ら顔ケアに使う時には濃度に要注意!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ビタミンc

赤ら顔をビタミン、ビタミンCでケアする場合、濃度に対しては細心の注意を払いましょう。

 

一昔前に流行ったキュウリの輪切りパックやレモンのスライスパックは、現在完全に廃れてしまいました。

 

なぜなら、研究の結果キュウリやレモンに含まれる成分、ソラニンによって余計紫外線被害を被りやすくなることが分かったからです。

 

ソラニンは食べ物として取り入れた時も皮膚の紫外線吸収率をアップさせますので、毎朝の美白習慣として飲み物に生のレモンを絞って飲んでいる女性は要注意です。

 

ただ、一般的なスキンケアアイテムにはソラニンを取り除いたビタミンcが配合されていますし、そう心配することはありません。

 

 
美白作用に優れたビタミンCは赤ら顔のお手入れにも最適です。

 

問題は10%以上の高濃度ビタミンC美容液で、ビタミンcの濃度が濃くなる程酸性の刺激が強くなり皮膚に負担をかけることになります。

 

美白効果はもたらされても皮膚が激しく乾燥したり、ヒリヒリと痛みを感じる事態に陥りかねません。

 

特にアトピー性皮膚炎ニキビで炎症を起こしている状態の赤ら顔だと、濃度の濃いビタミンc美容液を受け止めきれない可能性があります。

 

ビタミンC配合のスキンケアアイテムでケアする時も濃度の低いものから徐々に試す段階的アプローチが必要です。

 

このように、何かと注意事項の多いビタミンCコスメによるお手入れを面倒に感じるなら、ビタミンCサプリメントや点滴療法の方が向いているかも知れません。

 

ビタミンC点滴はサプリメントよりも作用が強力で、炎症や皮脂分泌を抑制し、顔の赤みを和らげる効果も期待することができます。

 

韓国コスメやドクターシーラボのビタミンKは赤ら顔に効果が高い成分?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 1分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ビタミンK

赤ら顔にはビタミンKが有効と言われています。

 

最近有名になってきたOIZ“"などと同様に赤ら顔専用のスキンケア商品としてビタミンK配合のタイプがあります。

 

韓国コスメやドクターシーラボなど国内トップコスメメーカーも、現在ビタミンkを配合した赤ら顔対策用のローションやクリームを売り出しています。

 

面白いのは、ビタミンKが顔の赤みだけではなく、同時に目の下のクマを和らげる効果も発揮することです。

 

たった2つの美肌の条件とは?

 

シミやホクロなどの余計なトラブルがないこと、それに肌に病的な色むらがないこと、この2点をクリアしている肌は客観的に見て美しいと評価されるでしょう。

 

シミやホクロはともかく、赤ら顔の方は顔全体が血行不良状態に陥っている可能性が高く、目元のクマトラブルに見舞われている恐れがあります。

 

 
肌の赤みだけでも目立つのに、目の下のクマがあってはどんどん美肌の条件から遠ざかってしまいます。

 

赤ら顔もクマも対処できるビタミンK配合スキンケアアイテムでお手入れに励み、健康的な肌を取り戻しましょう。

 

脂溶性ビタミンに分類されるビタミンKは栄養成分も豊富で、毛細血管レベルで血の巡りを良くする作用をもたらします。

 

血液凝固対策にも優れた効果を発揮する為、皮膚の色をまだらにする細かい血栓を除去する働きも備え顔の赤みを緩和してくれます。

 

ちなみにビタミンKで赤ら顔対策に励む場合、皮膚から吸収させるのが有効な対策です。

 

サプリメントや普段の食事で栄養として摂取しても、健康対策には効果的ですが赤ら顔トラブルをダイレクトに改善する効果は期待することができません。

 

赤ら顔ケアにフェイスパウダーを使う時のパフの選び方の3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

パフの選び方

赤ら顔をフェイスパウダーでカバーしている女性に警告しておきたいのは、パフの選び方です。

 

赤ら顔の原因が何であれ、皮膚が病的に過敏状態になってしまっていることは確かです。

 

特に皮膚の厚みが十分にない状態で顔の赤みが目立ってしまっているタイプは、肌が落ち着くまでパフを使わないお手入れ、お化粧を検討する必要もあります。

 

ニキビ肌に洗顔ブラシが禁物なように、赤ら顔にパフも刺激が強過ぎますから。

 

フェイスパウダーを選ぶ時は成分や価格を重視する方が大半ですが、どんなに美容効果に優れた低刺激性のパウダーでも、パフのせいで肌に負担がかかっていては大問題です。

 

 
パフの素材選びではとにかく肌に負担をかけないものを最優先し、キシキシきしむような化繊のものは絶対に避けましょう。

 

肌あたりもよろしくありませんし、パウダーをたっぷり含ませることができないので使い心地自体悪い筈です。

 

「安かろう悪かろう」の代表格のパフを使っているようでは、赤ら顔対策は完璧とは言えません。

 

では、コットン素材ならパーフェクトかと言えばそうとも限らないのが難しいところです。

 

赤ら顔のような敏感肌にオススメのコットン素材は、粉の含みが良い性質でも知られていますよね。

 

ただしネックは洗った後のゴワゴワ感です。

 

肌を衛生的に保つ為にも定期的にパフを洗浄する必要がありますが、洗いやすく洗った後使用感が衰えにくいのはある程度ポリエステルを含む柔らかい素材のパフです。

 

良くない、と感じたら付属のパフは急ぎよく捨て、肌あたり抜群のパフを買い足しましょう。

 

高額なフォトフェイシャルで赤ら顔治療する時の注意点とポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

フォトフェイシャル

赤ら顔をフォトフェイシャルで治すのは、数ある治療手段の中でも贅沢な部類に入ります。

 

何しろ、フォトフェイシャルを受ける費用は1回1万円から5万円程度

 

各クリニックに導入されているフォトフェイシャルの種類によっても金額は変わってきますが、いずれにしても最低5回から10回程度、回数を重ねる必要があります

 

赤ら顔トラブルの重症度にもよりますが、1クールで終えたとしても5万円前後から25万円もの治療費がかかる計算になります。

 

ビタミンkなど赤ら顔緩和効果のあるクリームでケアする方法と比べると、お金がかかることは間違いありません。

 

実際にフォトフェイシャルの情報を調べている方は、クリニックによってかなり値段に差が出ることに驚いているかも知れません。

 

 
費用と治療効果は必ずしも一致しませんが、相場より高くても最新機器を利用できるクリニックならその分少ない施術回数で済む可能性は大いにあります。

 

また、同じフォトフェイシャルによる赤ら顔治療も、赤み部分に関わらず1回の施術費用で計算するクリニックとパーツ毎に細かく計算してくれるクリニックがあります。

 

もし頬だけ、鼻周りだけ・・・と部分的な顔の赤みに悩まされているなら、パーツ計算してくれるクリニックを選んでコスト対策しましょう。

 

予算に合わず、フォトフェイシャルを諦めている方も少なくないようです。

 

ただ、フォトフェイシャルは赤ら顔以外にも毛穴の開きやニキビ、ニキビ跡、たるみ、シミ、小じわなど様々な美容トラブルに効きます。

 

肌全体が目に見えて美しくなる点が魅力的なので、試す価値は十分にある筈です。

 

「赤ら顔+ブツブツ」の症状は3つのいずれかの病名に該当!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

病名

赤ら顔でブツブツがあったら・・・もしかすると皮膚病の酒さ」の恐れがあります。

 

赤ら顔の原因は様々で、肝機能が低下して顔が病的に赤くなる可能性もあります。

 

自律神経に支障をきたして赤ら顔になることもあるので一概には言えませんが、万が一酒さで顔の赤みを増している場合治療が必要です。

 

同じ「赤ら顔+ブツブツ」症状でもアトピー性皮膚炎、ニキビと酒さは治療法が異なりますので、まずは病名を特定することが先決です。

 

酒さの特徴はおでこや頬、鼻を中心に顔が赤くなり、重症化するとブツブツが現れ、やがて膿疱状態になるまで悪化することです。

 

原因を特定するのがそう簡単ではありませんが、飲酒や喫煙習慣、油っぽい食事、不規則な生活など普段の生活習慣が発症と深く関わっていることは間違いありません。

 

ただ、酒さは厄介なことにストレスも原因になります。

 

無理をしてタバコを止めたのにストレスで症状が悪化するケースもありますから、ストイックな生活を続ければ必ずしも順調に治癒するとも限りません。

 

 
また、高血圧の治療薬、降圧剤の副作用で血管が拡張され、副作用として赤ら顔症状を発症するケースも報告されています。

 

一方、顔の赤みを和らげる作用のある降圧剤もあるので、時に赤ら顔治療に使われることもあります。

 

中々一筋縄ではいかない病気であることは確かで、治療は長期に及びますが、治す意思を強く持ち根気良く治療に取り組めば治癒は難しくありません。

 

初期段階で医療機関を受診し、軽症なら硫黄や濃度の低い副腎皮質ホルモンなどの塗り薬であっけなく治る可能性もあります。

 

プラセンタサプリや注射療法が赤ら顔ケアに効果的!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

プラセンタ

赤ら顔にプラセンタはよく効きます

 

しかも、サプリメントや注射、点滴はもちろん、基礎化粧品も有効です。

 

そう安くない美容、健康成分なので予算との兼ね合いもありますが、都合の良い方法で赤ら顔対策にプラセンタを取り入れていきましょう。

 

同じ赤ら顔に効く有効成分でも、例えばビタミンKはサプリとして摂取しても顔の赤みを消し去るような効果を発揮することはありません。

 

あくまでも化粧品に配合されたビタミンK成分を皮膚に塗布することで、血管拡張作用、血栓除去作用が働き赤ら顔症状を緩和してくれます。

 

その点、プラセンタは色々な取り入れ方ができます。

 

例えばプラセンタ独特の臭いが苦手な場合には、サプリや注射療法にトライすれば良いわけです。

 

逆に胎盤であるプラセンタを服用、注入することに抵抗を感じる場合、化粧品でケアすればOKです。

 

 
万人に効くとは限りませんが、既にプラセンタで赤ら顔コンプレックスから解放された例はたくさん報告されていますし、試す価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

特に、肝機能の低下で赤ら顔症状が引き起こされている場合、肝臓治療にも使われるプラセンタ注射は効果てきめんです。

 

ただし、ヒト由来のプラセンタ製剤を1度でも注射すると、現在の日本の法律では献血ができなくなるのでご注意下さい。

 

プラセンタ注射自体、自費治療で受けた場合1回2,000円から9,000円程度で、打つ量、また筋肉注射か静脈注射か、注射方法によっても値段に差が出ます。

 

静脈より筋肉に打った方が有効成分の体内滞在時間が長いとされますが、筋肉注射は強烈な痛みを伴う為、痛くて治療を断念する方も後を絶ちません。

 

意外に知られていない赤ら顔とプロテインの関係とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

プロテイン

赤ら顔とプロテインの関係はあまり知られていないようです。

 

確かにプロテインは肉体改造に励むマッチョの必須ドリンク・・・なんてイメージしかありませんよね。

 

皮膚の病的な赤みとプロテインにはどのような関係があるのでしょうか。

 

赤ら顔が引き起こされている原因にもよりますが、栄養不足によって肌の健康が失われ回復が遅れている場合、プロテイン対策で肌の赤みが緩和する可能性があります。

 

プロテインは要するにタンパク質です。

 

 
特に白米などの主食をしょっちゅう抜いていたり、ビタミン剤に頼り過ぎているダイエット生活を送っていると深刻なタンパク質不足に陥る恐れがあります。

 

酵素ダイエットなど置き換えダイエットや長期間の断食にも要注意ですし、忙しくて1日1食しか食べることができない方もタンパク質不足の可能性大。

 

きちんとご飯を食べず栄養分を摂取せずにいると皮膚細胞のタンパク質も不足します

 

肌が潤いをキープすることもできず、血の巡りも悪くなって赤ら顔などの美容トラブルが引き起こされます。

 

栄養バランスがある程度取れた食事を意識して1日2~3回食べればOKですが、カロリーの問題が気になるならプロテインが役立ちます。

 

プロテインならご飯ほどカロリーが高いわけでもありませんし、必要なタンパク源をダイレクトに補充することができます。

 

ちなみに、1日に必要なタンパク質は標準体型で運動量が少ない方なら「体重×1.08g」の計算式で割り出すことができます。

 

ハードなトレーニングをしている方でも、「体重×2g」がマックスで、タンパク質、プロテインを過剰摂取してしまうと栄養過多になり吹き出ものなら赤ら顔の原因にもなるのでご注意下さい。

 

赤ら顔の赤みをカバーするベースメイクの選び方とポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ベースメイク

赤ら顔のベースメイク選びでは、やはりカバー力を重視してしまいたくなる筈です。

 

ほんの少しの赤みならむしろ健康的な印象を与えますが、病的に顔が赤いと「もしかしてお酒飲んでる?」なんて周りの何気ない言葉に傷つくこともありますよね。

 

「凄い興奮しているみたい」、「激情型?」なんて赤ら顔の方がよく言われる言葉を聞きたくないあまり、毎朝徹底的にベースメイクで赤みをカバーしている女性も少なくない筈です。

 

けれど、肌の強い赤みを化粧品で誤魔化すには限界があり、赤みは目立たなくなっても「なんだか厚化粧の人」と言うそれはそれで不名誉なイメージを与えてしまいます。

 

 
最近の赤ら顔専用のコスメは美容成分もたっぷり配合されているので安心ですが、皮膚に負担をかけない為にも症状が落ち着くまでメイクを控えることは最短治療の鉄則です。

 

ベースメイク選びではカバー力よりも、赤みを抑える成分が配合されたものを優先しましょう。

 

例えばプラセンタビタミンKも、赤ら顔によく効く美容成分として有名です。

 

血管を拡張し炎症を抑える作用をもたらすアルニカ花エキスも、赤ら顔対策に有効な成分です。

 

フラボノイド成分をたっぷり含むセイヨウサンザシエキス、アレルギー対策にもぴったりなグリチルリチン酸2K配合のベースメイクも、メイクしながら赤ら顔対策ができる優秀コスメです。

 

また、クレンジングによるダメージを減らすことができますので、洗顔石鹸で簡単に落とせるタイプのベースメイクも試してみて下さい。

 

赤ら顔ケアにベビーパウダーが効果的な2つの理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ベビーパウダー

赤ら顔にベビーパウダーが役立つ点は、少なくても2点あります。

 

まず、ベビーパウダーは非常にデリケートな状態になっている肌に負担をかけることなく、ナチュラルメイク風に仕上げることができること。

 

大人の女性は完全ノーメイクが失礼にあたることもありますが、基礎化粧品とコントロールカラー、それにベビーパウダーをさっとのせるだけでも何とかまとまる筈です。

 

ニキビによる赤ら顔でテカテカしてしまっている場合も、ベビーパウダーでテカリを抑えることができます。

 

 
顔の赤みが落ち着くまではファンデーションは我慢して、ベビーパウダーで乗り切りましょう!

 

そしてベビーパウダーのもう1つの魅力は、値段が安いこと。

 

一番有名なベビーパウダーは小型サイズが200円程度で購入できるジョンソンアンドジョンソンのものですが、資生堂のベビーパウダーも300円程度と本当にリーズナブルです。

 

ベビーパウダーを使ったパックや洗顔方法も編み出されていますし、幅広い用途に使える上に安いベビーパウダーは、時代に左右されずに安定した人気をキープしています。

 

レーザー治療プラセンタ注射、フォトフェイシャルなど赤ら顔の治療法の中にはお金がかかるものも多く、毎月の美容費は少しでも節約したいものですよね。

 

顔の強い赤みが緩和するまではメイク代を思い切ってカットし、治療費に注ぎ込む対策も検討してみましょう。

 

ベビーパウダー独特の香りが気になる方は無香料タイプを試してみて下さい。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿