スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

免疫ビタミンLPSの驚異的な効果と美肌への応用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

LPS 免疫ビタミン

病魔に狙われない為にはどうすれば良いのでしょう。あれもしたい、これもしなければ・・・。

 

いくら気持ちが焦っても発熱している時、持病を抱えている時、思うように身体を動かすことができません。

 

既にご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、近年の研究から、免疫こそその鍵を握る機能と言うことが判明しました。

 

つまり、免疫機能を高め強固にすることで病気を寄せつけず、快適に暮らすことができるわけですが、今もっとも注目を集めているのが免疫ビタミンことLPS(リポポリサッカライド)です。

 

LPSで予防できる病気には、糖尿病やガン、アルツハイマーなど不治の病も含まれます。

 

その他、骨粗鬆症、神経痛、高止血症などその病気で命を奪われることはないものの、日常生活を送るのが辛くなる病気も予防可能です。

 

まさに健康的に長生きする為には欠かせないビタミンと言えるでしょう。

 

タニタ食堂の金芽米でストレス対策?!

 

免疫ビタミンLPSと聞くと難しく聞こえるかも知れませんが、決して特殊な栄養素ではなく身近な自然界に存在しています。

 

タニタ食堂 金芽米最近大ヒットしているタニタ食堂の金芽米にも、この物質がたくさん含まれています。

 

普通の白米お握りに比べ、コンビニでも売られている金芽米お握りは5倍以上のLPSを含有しているので、コンビニランチ派の健康対策にはぴったりではないでしょうか。

 

ワカメやのメカブ、明日葉なども免疫ビタミンの豊富な食べ物で、漢方薬の甘草、葛根、人参にもLPSが薬効として働いていると言われています。

 

 
免疫力はとても不安定で、メンタル面の影響をダイレクトに受けてしまいます。

 

ちょっとしたストレスでもすぐに免疫力はダウンしますし、暴飲暴食や睡眠不足、座りっぱなしの習慣もNG習慣です。

 

ところが、免疫ビタミンを摂取することで、人間が元々持つ免疫細胞を劇的に活性化させることができます。

 

脱ステロイドを後押ししてくれる免疫ビタミン

 

免疫ビタミンLPSでアトピー性皮膚炎も美肌になると言われ、脱ステロイドを目指す患者さんの間でも話題になっています。

 

ほんの微量でも、LPSをコツコツと摂取し続ければ、アレルギー体質も改善することができることが分かっています。

 

 
また、普段のスキンケアには、免疫ビタミンのLPSが配合されている化粧品で肌ケアすることも大事です。

 

普段食べるお米を金芽米に変えるだけでも効果的ですが、1日でも早く辛い痒み、赤みから解放されたいなら、免疫ビタミンのサプリメントもチェックしてみて下さい。

 

LPS配合のアレルギー体質改善用サプリも人気を集めています。

 

同じビタミンのビタミンCもアレルギーによる炎症を鎮めるのに有効ですが、時間の経過と共に体外に排出されてしまいますし、体質を改善する力はありません。

 

体質自体を変えてくれる作用を持つ免疫ビタミンLPSは、アレルギー体質の救世主と賞賛されています。

パントエア菌のLPSは肌免疫力をアップさせる効果が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

パントエア菌

アレルギー発症率は先進国ほど高いことが分かっていますが、日本でも年々アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギー問題が深刻化しています。

 

アレルギーは、免疫機能が正常に働かないことで引き起こされます

 

肥満やリウマチ、欝症状なども、実はアレルギー同様、免疫が暴走することで起こる炎症が関係していると言われています。

 

なぜ免疫に異常が起きるのか様々な説が唱えられていますが、最近特に脚光を浴びているのがイギリスで提唱された[衛生仮説]と呼ばれる学説です。

 

この学説によると、清潔過ぎる環境こそ、アレルギー疾患を引き起こしやすくなる原因になるそうです。

 

抗菌グッズが手放せない方には、少し耳の痛い話かも知れません。

 

無菌状態が免疫力を弱らせる最新仮説

 

では衛生的な環境の何が問題になるのでしょうか。

 

研究によって、自然免疫の力を弱らせない為には幼児期に細胞膜成分のLPS(リポポリサッカライド)との接触が欠かせないことが分かりました。

 

無菌状態だと免疫力が低下する恐れがあると指摘されています。

 

LPS(パントエア菌)の肌免疫が衛生仮説によって打ち立てられたわけですが、要するに神経質過ぎるほど除菌にこだわった環境で暮らすのはあまり得策ではないと言えそうです。

 

肌トラブルの原因は、「皮膚の免疫力低下」

バリア機能低下で起きる肌トラブル

 

乾燥や紫外線、ストレスなどは、このランゲルハンス細胞の働きを低下させてしまいます。また、清潔すぎる環境で過ごすと菌との接触が減り、免疫システムが乱れてしまいます。すると、アレルギーやアトピー、肌荒れなどを引き起こしやすくなるともいわれています。(衛生仮説): 肌力UPで美肌へ導くスキンケア

 

わざわざ汚い場所に行くことはありませんが、徹底的に除菌した環境にいないと落ち着かない、と言うことであれば少し問題です。

 

天気の良い日には外を散歩し、意識して緑の環境の中を歩くだけでも自然の菌と適度に触れ合うことができます。

 

昔の日本人女性は本当に肌が美しいことで有名ですが、漬物など発酵食品を食べる文化があったことも無関係ではない筈です。

 

 
ヨーグルトや納豆など発酵食品は健康、美容食の宝庫です。

 

積極的に共存したい菌のリスト

 

アトピー性皮膚炎や肌荒れなど肌免疫関係のトラブルにお悩みなら、肌力をサポートしてくれる発酵菌(美肌菌)と仲良くしましょう。

 

パントエア菌配合のサプリやドリンクは既に商品化されています。麹菌をたっぷり含む甘酒も、飲む美容液と呼ばれるほど強力な美容力を備えています。

 

発酵菌は、化粧品として直接肌に塗るだけでも高い効果を得ることができます。また乳酸菌から開発されたスキンケアシリーズも開発されています。

 

万能タイプの免疫ビタミンであるパントエア菌は、幅広い肌トラブルに対応してくれる発酵菌で、リポポリサッカライド(LPS)の効果などにより皮膚の防御力を高めながらしっとり潤わせてくれます。

 

また、納豆菌や酵母菌の保湿効果、乳酸菌の皮膚環境調整効果も注目を浴びています。参考:5種の発酵菌が入った化粧品

 

 
美肌を育み、肌トラブルを寄せつけない為にもこういった菌と積極的に共存しましょう。

肌の赤み(紅斑)の4つの原因と改善方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

肌の赤み

肌の赤みの原因や改善方法は、紅斑(肌の赤みの症状)が出る部位によっても違います。

 

肌の赤みのような皮膚疾患は、症状は似ているけれど治療法が異なる別の病気である確率が高く、慎重に判断しなければなりません。

 

肌の病は間違いやすいものがたくさんあるので、厄介です。ご参考までに、特に混同されやすい皮膚疾患をご紹介しましょう。

 

かぶれと蕁麻疹による赤み

 

かぶれや蕁麻疹も、症状が似ているのに治療法が異なる皮膚疾患として有名です。

 

かぶれ・・・接触皮膚炎も蕁麻疹も、発症すると肌に赤みが出て、デコボコに盛り上がる膨疹反応が出ます。

 

痒みを伴い、赤みが全身に及ぶことも珍しくありません。

 

 
かぶれの場合、原因物質に触れることが発症のきっかけになるので、その原因物質との接触を避けることが一番大切です。

 

治療では原因物質を突き止めることが最優先されますが、一時的にステロイド外用薬が処方されるケースが多いでしょう。

 

ステロイドでも抑え切れない程強烈な痒みが出ている場合、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の内服を指示されます。

 

発症後2日後にピークを迎え、1週間程度は赤みが残るでしょう。

 

 

蕁麻疹:急性や慢性皮膚病の一つで赤くくっきりと肌が盛り上がる。アレルギーが関与しているものもある。

 

一方、蕁麻疹も高確率で膨疹症状を伴い、数時間から1日程度赤みが出たり引いたりを繰り返します

 

 
原因は接触皮膚炎ほどはっきり特定することができません。強いストレスを受けた後、激しく疲労した後に発症しやすくなる可能性もあります。

 

アレルギー性の場合、原因となる薬や食べ物を摂取した後、5分から15分後には赤みが出現している筈です。

 

原因がわかっている場合は除去しますが、特定できない場合、内服剤の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬で症状を抑えるしかありません。

 

皮脂欠乏性皮膚炎とアトピー性皮膚炎による赤み

 

炎症から来る肌の赤み、乾燥、強い痒みが同じような部位に繰り返し起こる場合、アトピー性皮膚炎が疑われますが、高齢者にも同じような症状が出ることも。

 

アトピー性皮膚炎は幼少時から発症することが特徴的ですが、高齢者も老化などが原因となり似たような症状が出現する皮脂欠乏性皮膚炎を発症することがあります。

 

 
アトピー性皮膚炎は元々の体質が影響していることもあるので一概には言えませんが、カビやダニ、ハウスダストも原因として考えられます。

 

最近は漢方治療に取り組む患者さんも増えていますが、一般的な病院ではステロイド外用薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の3本柱で治していくことになります。

 

肌の乾燥によって引き起こされる皮脂欠乏性皮膚炎も、痒みが強く出ている場合には抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬が処方されますが、基本的には普段の生活で保湿を心掛けるよう指導されます。

 

乾燥しやすい冬場は石鹸を使うのを控え、お風呂上がりには保湿効果の高いローションやクリームでケアすることで、症状を改善することができます。

 

肌の赤みと一概に言っても、皮膚疾患の症状は似ているのに治療法は異なるケースが多いので注意しましょう。アトピーやアレルギー対策にもOIZ発酵美容液を使われている方も多くいるようです。

 

アトピーと酒さの両症状が出る人は入院治療が必要!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ アトピー

酒さとアトピーは症状が似ているので混同されがちですが、酒さ様皮膚炎とアトピー性皮膚炎と言う2つの異なる皮膚病です。

 

ただし、酒さとアトピーは同じような症状に見舞われる上、酒さ様皮膚炎には現時点でどのクリニックにも共通する明確な診断基準はありません。

 

従って、普通の皮膚科を受診してしまうと誤診されてしまい、間違った治療法で症状が悪化するケースもあります。

 

そもそも難易度の高い皮膚病の場合治療方針はクリニックによってかなり異なりますし、受診する時はどういった治療方針の医療機関なのか事前にチェックした方が無難です。

 

と申しますのも、酒さを引き起こす原因の1つはステロイド外用薬です。

 

ステロイド外用薬には要注意!?

 

副腎皮質ステロイド外用薬を長期スパンで顔に塗り続けることで、副作用として酒さの症状が現れることは珍しくありません。

 

ステロイドの副作用が広まり最近はステロイドを使わない治療方針のクリニックが人気を集めていますが、ステロイドが原因で酒さを引き起こしているのに受診した病院でステロイドを処方されてしまうと症状はいつまで経っても良くなりません。

 

元々アトピー患者さんが長期期間ステロイドを処方され続けた結果、酒さを併発するケースも増えています。

 

厄介なことに慢性的にステロイドを塗っている方が突然使用を中止すると、リバウンド症状が起き状態が一時的に悪化してしまいます。

 

 
最悪の場合入院治療が必要です。

 

既にアトピー性皮膚炎を患っている方で酒さ症状にも見舞われるようになった場合、慎重に病院を選ばなければなりません。

 

アトピー専門クリニックほど多くありませんが、数少ない優秀な酒さの専門医を見つけることが解決の近道になります。

毛孔性苔癬とアトピーはセットで発症しやすいって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性苔癬 アトピー

毛孔性苔癬はアトピーと一緒に発症しやすい皮膚疾患です。

 

毛孔性苔癬もアトピー性皮膚炎も確実な治療法が確立されていません

 

いくら放置しても命に別状がないとは言え、思春期には見た目が気になるものです。

 

精神的ストレスも軽くありませんから、できるだけ早いうちに対処したいものです。

 

毛孔性苔癬とアトピーの治療に用いられる薬は異なりますが、どちらの症状にも共通しているのが保湿対策です。

 

どちらもも乾燥が大敵で、皮膚の水分が不足すると症状が悪化します。

 

また毛孔性苔癬やアトピーが冬場に症状が酷くなるのは、乾燥が大きな原因です。

 

 
保湿剤も欠かせませんが、普段過ごす室内環境の湿度にも気を配ってみて下さい。

 

暖房で温められた室内はもちろん、冷房が効いた室内にも適度な湿度は必要です。

 

空気清浄機とセットになっている加湿器もオススメですが、どのタイプの加湿器にしても洗浄は徹底的に行って下さい。

 

加湿器のお手入れをさぼるとすぐにカビの温床になり、湿度が手助けしてあっという間に不衛生な環境になってしまいます。

 

 
また、水分対策は外用薬だけに頼らず、意識して経口摂取しましょう。

 

身体を冷やさない為にも、実は水よりも白湯の方が理想的です。

 

特に冷え体質の方で普段の運動量が少ない場合、水を大量に飲むことで冷えが加速しますし内臓に負担がかかってしまう恐れがあります。

 

体内の水分が順調に循環するよう、積極的に身体を動かし毎日入浴して発汗し、インアウトのメリハリをつけることが症状の改善に繋がります。

 

パンダ、逆パンダ状態の赤ら顔は難病の膠原病の可能性がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

パンダ

赤ら顔がパンダ、逆パンダ状態に出てしまっていると、カバーするのにも本当に苦労しますよね。

 

同じ赤ら顔トラブルでも顔全体が真っ赤に腫れ上がるタイプと、目元以外の部分が赤くなるパンダ状態になるタイプに分かれます。

 

いずれにしても、赤みが強く出ている部分とそうでない部分があると色の違いを誤魔化すのも大変です。

 

厄介なのは、不本意ながら赤パンダ顔になってしまう原因として色々な可能性が考えられることです。

 

 
「10代のニキビ=アクネ菌」といった具合に、「パンダ顔=○○」と犯人を即決め付けることはできません。

 

ニキビが原因で顔の赤みが強く出てしまっているケースもあれば、脂漏性湿疹が悪化しているケース、極度の敏感肌、血行不良によって引き起こされるケースもあります。

 

皮膚科を受診してもすぐに完治するとは限らず、原因不明と言われることもありますが、それでも自己判断でお手入れするよりは一度専門家に診て貰った方が安心です。

 

アトピー性皮膚炎が原因の場合、長期スパンで体質改善も見据えた治療プログラムを考えなければなりませんし、肝機能の低下が原因なら肝臓を労わるケアが必要です。

 

また、膠原病のような難病の1症状として顔が赤ら顔になっている可能性もあります。

 

膠原病の皮膚症状として、蝶形紅斑と呼ばれる両頬に蝶の羽のような赤い発疹が広がる症状に見舞われることがあるので注意が必要です。

 

いずれにしても明らかに顔が赤パンダ状態になってしまった以上、原因追求を優先しましょう。

 

「赤ら顔+ブツブツ」の症状は3つのいずれかの病名に該当!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

病名

赤ら顔でブツブツがあったら・・・もしかすると皮膚病の酒さ」の恐れがあります。

 

赤ら顔の原因は様々で、肝機能が低下して顔が病的に赤くなる可能性もあります。

 

自律神経に支障をきたして赤ら顔になることもあるので一概には言えませんが、万が一酒さで顔の赤みを増している場合治療が必要です。

 

同じ「赤ら顔+ブツブツ」症状でもアトピー性皮膚炎、ニキビと酒さは治療法が異なりますので、まずは病名を特定することが先決です。

 

酒さの特徴はおでこや頬、鼻を中心に顔が赤くなり、重症化するとブツブツが現れ、やがて膿疱状態になるまで悪化することです。

 

原因を特定するのがそう簡単ではありませんが、飲酒や喫煙習慣、油っぽい食事、不規則な生活など普段の生活習慣が発症と深く関わっていることは間違いありません。

 

ただ、酒さは厄介なことにストレスも原因になります。

 

無理をしてタバコを止めたのにストレスで症状が悪化するケースもありますから、ストイックな生活を続ければ必ずしも順調に治癒するとも限りません。

 

 
また、高血圧の治療薬、降圧剤の副作用で血管が拡張され、副作用として赤ら顔症状を発症するケースも報告されています。

 

一方、顔の赤みを和らげる作用のある降圧剤もあるので、時に赤ら顔治療に使われることもあります。

 

中々一筋縄ではいかない病気であることは確かで、治療は長期に及びますが、治す意思を強く持ち根気良く治療に取り組めば治癒は難しくありません。

 

初期段階で医療機関を受診し、軽症なら硫黄や濃度の低い副腎皮質ホルモンなどの塗り薬であっけなく治る可能性もあります。

 

アレルギー体質の人に多い喘息と赤ら顔の意外な関連性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 喘息

赤ら顔に悩んでいる人の症状を聞いてみると、小さい頃からアトピーや喘息の症状があったという人が多いです。

 

喘息と赤ら顔の直接的な関係についてはまだはっきりしないところがたくさんあるのですが、アレルギー体質の人が赤ら顔の症状に悩まされることが多いということは確かです。

 

アレルギー体質の人は、肌トラブルを抱えやすいですから、赤ら顔に悩まされてしまう可能性が高くなるのです。

 

喘息の症状が改善されたとしても、突然赤ら顔に悩まされるということもありますから、普段から注意を払っていく必要があります。

 

自分の肌は繊細だということをよく覚えておくことによって、普段のスキンケアも丁寧に行うことができるでしょう。

 

 
なるべく低刺激の化粧品を選ぶことは、赤ら顔の症状を防ぐためにとても大切なポイントとなります。

 

刺激の強い添加物が含まれている商品は避けるようにしましょう。

 

少し値段は高くなるかもしれませんが、無添加の化粧品を使うことで、赤ら顔の発生を防ぐことができるでしょう。

 

小さい頃に喘息に悩まされた記憶がある人は、現在症状が出ていなかったとしても突然肌のトラブルに悩まされることがあります。

 

そのような時になるべく症状を軽くするためにも、日々肌を大切にすることを心がけましょう。

 

無駄に日焼けをしないようにして、常に保湿をしていくことが大切です。

 

そうすることによって、赤ら顔の症状が発生してしまったとしても、軽度なもので済むかもしれません。

 

赤ら顔にEPAが効くという噂があるけど本当なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 epa

赤ら顔にEPAが効く、と顔の赤みに悩まされている方たちの間で評判になっています。

 

EPAことエイコサペンタエン酸は、血の流れを良くする脂肪酸で年齢を重ねるにつれて体内精製量が減る傾向にあります。

 

年齢が若くてもEPAをつくる腸内環境が悪化すると不足状態に陥るので、注意が必要です。

 

同じ赤ら顔でも上がり症など神経に問題がある場合は、EPA対策でそこまで状態が改善するとは思えません。。

 

 
ただ、血行不良や肌の再生力に問題を抱えている場合積極的にEPAを摂取することで赤ら顔が目立たなくなる筈です。

 

体内のepa量が十分に保たれていれば、不安定になりがちな角質層の細胞も安定して繋ぎ止められ、外からの刺激に過剰に反応し顔の赤らみが強く出る心配も減ります。

 

最近は赤ら顔だけではなく、アトピー性皮膚炎の対策にもEPAが有効活用されていますが、いつもの食事にもEPAをたくさん含む食べ物を意識して摂り入れてみて下さい。

 

おすすめのEPA摂取方法

 

含有量が多いのはアンコウの肝ややつめ鰻、クジラや鮎ですが、普段の食事で食べやすいのは鯖やイワシ、ニシン、マグロ、サンマや焼きのりなどでしょうか。

 

魚類が苦手な方、自炊が得意ではない方は毎日一定量を摂取することができるサプリメントが手っ取り早くてオススメです。

 

またEPAはDHAと一緒に摂取することで更にパワーアップすることが分かっています。

 

サプリメントならブレンドタイプのものを選ぶと効率良く有効成分を摂り入れることができます。

 

水銀が蓄積されている恐れがある大型魚の摂取が制限される妊娠中の女性も、有効成分だけ享受できるEPAサプリは頼れる存在になる筈です。

 

アトピー性皮膚炎による赤ら顔が多い理由と対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 アトピー

赤ら顔はアトピーが原因でも引き起こされます。

 

むしろアトピー性皮膚炎を患っていて赤ら顔トラブルを抱えていない方の方が少数派です。

 

ただ、同じアトピーによる赤ら顔症状でも、湿疹に伴う炎症で顔が赤くなっている場合とステロイドの副作用で顔の赤みが増している場合があります。

 

いずれにしても、根本的原因であるアトピー性皮膚炎を鎮めるような体質改善が必要です。

 

最近は乳酸菌を大量投与して腸内環境を改善する対策や、美肌菌の発酵美容液、解毒効果の高い断食療法も人気を集めています。

 

1日に数回入浴する温泉療法を3週間から4週間ほど続ける対策もありますが、いずれにしても状態が改善するまでにはある程度の期間を費やさなければなりません。

 

ご自身に合った方法で体質改善を行いながら、目立つ赤ら顔の赤みを薄くする為にはフラッシュ療法も効果的です。

 

レーザー治療よりも刺激が少ないフラッシュ療法は、炎症が激しいアトピー性皮膚炎の患部にも照射可能ですし痛み、腫れなどの副作用も心配ありません。

 

 
イオン導入と併用するとよりスピーディーに赤ら顔トラブルから解放されます。

 

一定期間を置いて何度か繰り返し照射しなければなりませんが、慢性化した赤ら顔を薄くする効果も期待できますし、皮膚に負担なく肌全体を健やかに整える作用があります。

 

費用は1回2~3万円するので決して安くはない点だけがネックです。

 

ただ、根本的に治療できない上にハードな副作用を伴うステロイド治療とは比べものにならない程、患者さん側にメリットの多い治療方法です。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿