スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

プツプツ肌の軽いかゆみは毛孔性苔癬の症状の影響なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性苔癬 かゆみ

一般的に毛孔性苔癬は痒い(かゆい)と言う症状を伴わない皮膚疾患です。

 

ですから、もし毛孔性苔癬の症状が現れているのに痒みを伴う場合、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹など他の皮膚病を併発している可能性が高いでしょう。

 

扁平苔癬(へんぺいたいせん)と言う再発性の皮膚疾患も、痒みを伴うのが特徴です。

 

毛孔性苔癬はこういった皮膚疾患を同時に患うことが多く、正しい治療法を探す為にも一度医療機関で正式な病名を調べて貰う必要があります。

 

同じ部位に同時に複数の病が巣食っている場合、どの皮膚疾患の治療を優先するか、担当ドクターと相談の上決めなくてはなりません。

 

例えばアトピー性皮膚炎の症状を鎮めるのに有効なステロイドを長期間使用することで、ニキビなど他の美容トラブルを引き起こす恐れもあります。

 

痒みを感じる場合の対処法

 

また、毛孔性苔癬を単独で患っている場合でも軽い痒みを感じるケースは珍しくありません。

 

 
単純に皮膚が乾燥すると痒くなる傾向がありますし、毛孔性苔癬にとっても乾燥は大敵なので痒みを自覚している時は保湿対策に励んでみて下さい。

 

得に腕の古い角質を剥がす為にピーリング石鹸を使っている方は、入浴後非常に肌が乾燥しやすく状態です。

 

そのまま放置すると症状の悪化、強い痒みに繋がりかねませんから、念入りに保湿の為のお手入れをしなければなりません。

 

最近はオールインワンタイプのスキンケアアイテムがブームになっていますが、丁寧に保湿対策を行う時は専用の化粧品を重ね使いした方が効果的です。

 

最初は化粧水で水分をたっぷり浸透させ、次にクリームやオイルで水分の蒸発を防ぎましょう。

アトピーと酒さの両症状が出る人は入院治療が必要!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ アトピー

酒さとアトピーは症状が似ているので混同されがちですが、酒さ様皮膚炎とアトピー性皮膚炎と言う2つの異なる皮膚病です。

 

ただし、酒さとアトピーは同じような症状に見舞われる上、酒さ様皮膚炎には現時点でどのクリニックにも共通する明確な診断基準はありません。

 

従って、普通の皮膚科を受診してしまうと誤診されてしまい、間違った治療法で症状が悪化するケースもあります。

 

そもそも難易度の高い皮膚病の場合治療方針はクリニックによってかなり異なりますし、受診する時はどういった治療方針の医療機関なのか事前にチェックした方が無難です。

 

と申しますのも、酒さを引き起こす原因の1つはステロイド外用薬です。

 

ステロイド外用薬には要注意!?

 

副腎皮質ステロイド外用薬を長期スパンで顔に塗り続けることで、副作用として酒さの症状が現れることは珍しくありません。

 

ステロイドの副作用が広まり最近はステロイドを使わない治療方針のクリニックが人気を集めていますが、ステロイドが原因で酒さを引き起こしているのに受診した病院でステロイドを処方されてしまうと症状はいつまで経っても良くなりません。

 

元々アトピー患者さんが長期期間ステロイドを処方され続けた結果、酒さを併発するケースも増えています。

 

厄介なことに慢性的にステロイドを塗っている方が突然使用を中止すると、リバウンド症状が起き状態が一時的に悪化してしまいます。

 

 
最悪の場合入院治療が必要です。

 

既にアトピー性皮膚炎を患っている方で酒さ症状にも見舞われるようになった場合、慎重に病院を選ばなければなりません。

 

アトピー専門クリニックほど多くありませんが、数少ない優秀な酒さの専門医を見つけることが解決の近道になります。

酒さと赤ら顔って症状や原因も違うものなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 赤ら顔

酒さと赤ら顔はどう違うのでしょう。

 

分かりやすくご説明すれば、酒さは病名、赤ら顔は症状を表現する言葉です。

 

赤ら顔と言う病名があるわけではなく、酒さと言う病気の1症状として赤ら顔になります

 

赤ら顔になる病気は酒さ以外にも、アトピー性皮膚炎やニキビ、脂漏性皮膚炎など複数挙げることができます。

 

しかも、これらの病気は同時に起こることもありますから、まさに医者泣かせの難病と言えます。

 

ただ顔が赤くなるだけで生命が奪われるような病気ではありませんが、顔がずっと赤く湿疹に覆われた状態が続く辛さは経験した人間にしか分からない苦痛です。

 

 
実際、日本には酒さの専門医が少ない状況な上、原因も治療法も解明されていない病気です。

 

可能性のある病気を1つ1つ排除し、色々な薬、治療法を試した上で長期間かけてようやく本当の病名診断に至ったケースも多く、治療費用もバカになりません。

 

しかも酒さ、赤ら顔の治療方法はレーザー治療やフォトフェイシャルなど、自由診療扱いの高額治療費がかかるものも少なくありません。

 

途中で治療を断念し、赤ら顔を治すことを諦めてしまう患者さんも少なくないようです。

 

ニキビのような湿疹が現れることも多く、ファンデーションやコンシーラーでは隠しきれない凹凸に悩み、外出するのが精神的ストレスになってしまった女性も多く、単なる赤ら顔とは決して言えない複雑な病気です。

 

最近はアトピー性皮膚炎同様、漢方や腸内環境を整える善玉菌サプリメントなどで体質から変えていくアプローチに注目が集まっています。

 

アトピー性皮膚炎による赤ら顔が多い理由と対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 アトピー

赤ら顔はアトピーが原因でも引き起こされます。

 

むしろアトピー性皮膚炎を患っていて赤ら顔トラブルを抱えていない方の方が少数派です。

 

ただ、同じアトピーによる赤ら顔症状でも、湿疹に伴う炎症で顔が赤くなっている場合とステロイドの副作用で顔の赤みが増している場合があります。

 

いずれにしても、根本的原因であるアトピー性皮膚炎を鎮めるような体質改善が必要です。

 

最近は乳酸菌を大量投与して腸内環境を改善する対策や、美肌菌の発酵美容液、解毒効果の高い断食療法も人気を集めています。

 

1日に数回入浴する温泉療法を3週間から4週間ほど続ける対策もありますが、いずれにしても状態が改善するまでにはある程度の期間を費やさなければなりません。

 

ご自身に合った方法で体質改善を行いながら、目立つ赤ら顔の赤みを薄くする為にはフラッシュ療法も効果的です。

 

レーザー治療よりも刺激が少ないフラッシュ療法は、炎症が激しいアトピー性皮膚炎の患部にも照射可能ですし痛み、腫れなどの副作用も心配ありません。

 

 
イオン導入と併用するとよりスピーディーに赤ら顔トラブルから解放されます。

 

一定期間を置いて何度か繰り返し照射しなければなりませんが、慢性化した赤ら顔を薄くする効果も期待できますし、皮膚に負担なく肌全体を健やかに整える作用があります。

 

費用は1回2~3万円するので決して安くはない点だけがネックです。

 

ただ、根本的に治療できない上にハードな副作用を伴うステロイド治療とは比べものにならない程、患者さん側にメリットの多い治療方法です。

 

ビニール肌のような薄い肌になるのはアトピーが重症化している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ビニール肌 アトピー

ビニール肌のような薄い肌になっている場合、アトピーが重症化している証拠の可能性があります。

 

普段深刻な肌トラブルを抱えていない方はオイリー肌、乾燥肌…なんて美容用語はよく口にして見聞きしている筈ですが、ビニール肌がどんな状態の肌を指すのか分からないかも知れません。

 

ビニール肌はアトピー性皮膚炎で引き起こされる独特の状態で、肌がまるでビニールのようにつるつる、テカテカになってしまう症状の俗称です。

 

つるつる、テカテカと表現すると健康的で問題がなさそうに思えますが、ビニール肌特有の艶、テカリは不自然なもので、健康肌とは程遠い病的なものです。

 

乱暴なスキンケアや過剰なクレンジングのせいで皮膚の角質層が極端に薄くなると、ちょっとした刺激でピリっとした痛みを感じたり慢性的な赤ら顔になるビニール肌状態が引き起こされてしまいます。

 

繰り返し行ったピーリングが原因でビニール肌になる可能性もあります。同様に赤ら顔でもアトピーと関連があります。→アトピーと赤ら顔

 

 
美肌を追い求めるあまり、度々新しい化粧品やパックを試したり、肌をいじり過ぎた結果ビニール肌になるケースもあるので注意が必要です。

 

いずれにしても、アトピー患者さんが皮膚の表皮細胞が常に落ち着かない状態でバリア機能も崩れ、キメもほとんど失われているので、いつビニール肌を発症してもおかしくない状況です。

 

もちろん既に問題になっていますが、ステロイドの副作用で皮膚が薄くなっていることも主要な原因として考えられます。

 

状態によってはステロイドを離脱するのが難しい方もいらっしゃいますが、ステロイド以外の方法でアトピー性皮膚炎の治療に励むことこそ、ビニール肌の予防と改善に欠かせません。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 30,520ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,303ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 11,853ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,284ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 10,740ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 9,978ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 8,873ビュー
最近の投稿