スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

顔の毛細血管拡張症の原因と良く効く漢方薬の見つけ方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 顔

毛細血管拡張症が顔に出る原因は漢方で取り除くことができるかも知れません。

 

インターネットで「毛細血管拡張症 顔 漢方」と言うキーワードで検索してみて下さい。

 

毛細血管拡張症はレーザー治療のような光治療でも症状を軽くすることができますが、そういった外からのアプローチの他、身体の内側から働きかける漢方治療も人気を集めています。

 

レーザー治療は皮膚に対する負担が強く、値段が高い上に必ず効果があるとは限らない治療法です。

 

太めの血管を目立たなくする為に硬化剤を注射する硬化療法も、色素沈着トラブル、しこりトラブルに見舞われるリスクを伴います

 

時間がかかってもじわじわと効く可能性があるなら漢方治療を試したい、と考えるなら是非専門医のところで診察を受けてみましょう

 

西洋医学のお薬は体質に関わらず症状によって処方薬が決まりますが、漢方薬は今出ている症状だけではなく元々の体質も考慮し、どの薬を処方するのか決定されます。

 

 
この判断は専門医にしかできませんし、根本的な原因を突き止める為にも自己判断は禁物です。

 

毛細血管拡張症自体、お酒の飲み過ぎで引き起こされることもありますし、薬の副作用で症状が現れることもあります。

 

まずはご自身の病状の原因を探ることから始めなければなりません。

 

アルコールが原因なら禁酒こそ治癒の近道になりますし、薬の副作用として症状が出ているなら、治療方法を考えるところから取り組む必要があります。

 

そもそも、毛細血管拡張症と症状がよく似た他の病気もありますから、本当に顔の病的な赤みが毛細血管拡張症のせいなのか、診断して貰う必要があります。

 

漢方治療のメリット&デメリット

 

毛細血管拡張症はアトピー性皮膚炎と併発しやすいことで知られていますが、ステロイド外用薬の副作用として慢性的な赤ら顔になってしまうパターンが珍しくありません。

 

こういった西洋薬剤の弊害が広まるにつれて、東洋医学に基づいて処方される漢方治療にも注目が集まっていますが、速攻性は期待することができません

 

他の皮膚病も併発し症状が重症化している場合、独断でいきなりステロイドを止めて漢方薬を飲み始めるのは大変危険です。

 

漢方治療に明るいドクターなら、ステロイドと漢方薬を上手く併用しながら徐々に漢方1本に絞っていくような治療も可能な筈なので、信頼できるお医者さんを探すことから始めましょう。

 

毛細血管拡張症の漢方治療はどの病院でも行っているわけではありませんし、漢方を処方してくれる医療機関を見つけることが先決です。

目の周りに酒さの赤みが出るのは継続的にステロイドを使っているから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 目の周り

酒さが目の周りに出ることもありますが、ご自身の皮膚疾患を正確に把握していないと単純に「目薬でかぶれたのかな?」などと誤解してしまうこともあります。

 

酒さは日本人の発症例が極端に少ない皮膚疾患の為、国内の皮膚科医はこの病気に対して詳しい治療法をあまり認識していない状況です。

 

まして眼科医が目の周りの赤み、かぶれ、湿疹を見て即座に酒さの症状だと判断できるかと言えば・・・。

 

 
そもそも酒さ自体、明確な発症メカニズムも原因も分かっていない難しい病気の為、お医者さんに行けば必ず治るとは限らないことは覚悟しておいて下さい

 

目の周辺が酒さで赤くなる人の特徴

 

酒さが目の周りに出やすいのは、長年ステロイド薬を使用していた患者さんです。

 

ステロイドはアトピー性皮膚炎などの炎症を一時的に落ち着かせることができますが、長期スパンで使用、一度に大量に使用することで酒さ様皮膚炎が引き起こされることも。

 

早急に落ち着かせなければならない目の周りの激しい酒さ症状を鎮める為にステロイドが処方されることもありますが、その場合も保護クリームを塗布してからランクが最も弱いものを少量だけ使う配慮が必要です。

 

デリケートな部分ですから、刺激が強過ぎる塗り薬よりも、炎症の引き金になる身体の熱を冷ますような漢方薬を投与した方が安心です。

 

涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)や五涼華(ごりょうか)など血熱を解消する作用を発揮する漢方薬も有効です。

 

酒さが原因で目の周りが赤くなった時には、赤みが引くまで食生活でも唐辛子やアルコールなどの刺激物を控え、日光や熱いお風呂も避けましょう。

酒さによる肌の赤みはアレルギーで発症するケースも多いらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ アレルギー

酒さはアレルギーが原因になっていることもあります。未だに原因がはっきりと掴めない酒さは増悪因子が多い上、徐々に病状が悪化する厄介な疾患です。

 

酒さを専門的に診てくれる病院でも治療方針は必ずしも一致していませんが、最近は欧米で有効性が確認されている治療法を積極的に採用している医療機関も増えています。

 

近年、特に注目されているのが栄養指導、食事指導です。

 

酒さの検査方法も複数ありますが、食物アレルギー検査も初期段階で行われる基本的な検査の1つです。

 

食物アレルギーを確認するのも大事!

 

特定の食材から炎症を起こし酒さ症状に繋がっているケースは珍しくありません。

 

IgG食物アレルギー検査を行ない、反応を起こす物質を特定すれば食生活の改善でかなり症状は楽になる筈です。

 

 
一般的にはアルコールやカフェイン、スパイス、精製漂白糖などが炎症反応を悪化させる恐れがある為、こういった刺激物を避けるよう指導されます。

 

IgG食物アレルギー検査でハイスコアが出た食材に関しても、除去食メニューを考えることで対応します。

 

また、酒さ症状を抱えている患者さんの半数に胃酸の分泌力が衰えているとのデータも報告されています。

 

その為、レモン水や塩酸ベタインを使用した胃酸分泌能力確認検査が行われることもあります。

 

もしこの検査の結果、胃酸が十分に分泌されていないことが判明したら胃酸や消化酵素を補う為のサプリメントが処方されます。

 

酒さの原因は飲食物以外にも、運動やスキンケアアイテム、気温や日光など多岐に渡りますが、普段から症状の推移を記録したメモと食事メモをつけておくと治療に役立つ参考材料になります。

酒さの炎症を抑える為の3つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

炎症

酒さが炎症を起こしている時、日々の生活記録を残しておくと良い参考材料になるかも知れません。

 

酒さの原因をはっきり特定することは難しいものの、症状が悪化する要因が分かれば普段から予防対策に励むことができます。

 

例えば日差しが強い日の午後や翌日酒さの炎症が悪化するようなら、紫外線の被害を受けやすいことが分かります。

 

日焼け対策は皮膚疾患全般に必要ですが、今使っているものよりもSPFが強い日焼け止めに変えるなどこれ以上状態を悪化させない為の予防線を張ることが可能です。

 

また、アルコールやカフェインも酒さの炎症を酷くさせる要因の1つなので、毎日どれぐらいのアルコール量、カフェイン量を摂取しているのか把握しておくことも大切です。

 

アルコールやカフェインは御法度!?

 

そもそも症状を悪化させる可能性があるアルコールやカフェインは一切口にしないのが理想的です。

 

ただ、好きな嗜好品を制限し過ぎると精神的なストレスにもなるので妥協策を見出すことが重要です。

 

 
1日何杯までなら炎症が酷くならない、などご自身にとってもセーフティラインを探り、うまく生活に嗜好品を取り入れましょう。

 

もちろん、紫外線が大量に降り注ぐ海辺のビヤガーデンで乾杯・・・なんてお楽しみは、その後のことを考えると避けた方が無難ですが・・・。

 

酒さの治療は長期スパンで取り組まなければなりませんから、炎症を悪化させないよう日常生活でも気をつけつつ、精神的に追い込まれないように気楽に構えましょう。

 

健康管理にも繋がりますし食生活も細かく記録し続けると、思わぬ食材と炎症の関係に気づくこともあります。

 

アルコール依存性が酒さの原因になる噂って本当なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

アルコール依存

酒さはアルコール依存性が原因でなるわけではなく、病気自体は未だに正確なメカニズムが解明されていません。

 

原因がはっきり突き止められていない以上、アルコール依存症を犯人と決め付けることはできませんが、実際にアルコール依存症患者の間で酒さの発症率が多いのも事実です。

 

肝臓機能に支障をきたすと顔が慢性的に赤くなってしまいますし、お酒と赤ら顔は無関係ではありません

 

飲んでいる最中はともかく、飲酒後しばらく顔の赤みが消えないようなら肝機能障害の疑いが濃厚です。

 

しかも常に赤い状態なら既に酒さと言う皮膚の異常が引き起こされている可能性大です。

 

酒さの症状は経過により変化しますが、単なる赤ら顔に湿疹、ニキビや毛細血管の拡張などの異変が生じる病気です。

 

 
血管拡張作用のあるアルコールを依存症になるまで大量かつ日常的に飲んでいれば、酒さを発症する確率は高くなるのも当然ですよね。

 

酒さではなくても、限りなく酒さに近い症状が出ても不思議ではありません。

 

抗酒剤シアナマイドの危険性

 

しかも、アルコール依存症の治療過程で用いられるシアナマイドと呼ばれる抗酒剤は、湿疹や皮剥け、ただれなどの副作用を伴います。

 

抗酒剤も影響し、肌がぼろぼろになってしまうケースは珍しくありません。

 

アルコール依存症の治療中、酒さを同時に治す場合は抗生物質のテトラサイクリンがよく処方されます。

 

外用薬の場合は、クリンダマイシン、メトロニダゾールなどの抗生物質がメジャーです。

 

いずれにしても、酒さを引き起こし状態を悪化させる可能性がおおいにある飲酒自体を諦めることが必要です。

 

お酒や化粧品のアルコール成分は赤ら顔の大敵?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

アルコールフリー

赤ら顔にアルコール成分はよろしくありません。

 

アルコール成分の入ったスキンケア用品は避け、飲酒も控えることが少しでも早く赤ら顔トラブルから解放される為の鉄則です。

 

まず、普段のスキンケアに使う化粧水もアルコールフリーのものを選びましょう。

 

一昔前までアルコール成分入りの化粧品が大半でしたが、乾燥を加速させ肌に不要な刺激を与えることが分かっています。

 

乾燥も刺激も赤ら顔には大敵なので、できるだけ皮膚に負担をかけない低刺激性の化粧水で洗顔後の肌に潤いを与えることが大切です。

 

また、お酒も赤ら顔の症状を悪化させる嗜好品の1つです。

 

脱水酵素を含むアルコール飲料は、飲めば飲む程体内から水分を奪います。

 

 
生グレープフルーツサワーはビタミンCたっぷりで美容に良い、と勘違いしている女性も少なくありませんよね。

 

けれどウイスキーなどと比べればまだマシなレベルで、美容効果に信ぴょう性はありません。

 

度数が低いお酒でも飲んだ以上、意識して水分を補給しなければ脱水状態になりますし、血の巡りが悪くなり顔の赤みも増してしまいます。

 

普通の人でもお酒を飲むと顔が赤くなるぐらいですから、赤ら顔症状にお悩みの方にお酒が御法度なのは言うまでもありません。

 

ちなみに、お酒を飲んだ時だけ一時的に顔が赤くなるタイプの方も要注意で、定期的に飲むことで食道がんになりやすいとのデータも報告されています。

 

顔の赤みは体内でアルコールが代謝しきれずにアップアップしている状態ですし、連続飲酒によって赤ら顔が慢性化するケースもあるので注意が必要です。

 

赤ら顔はお酒の飲酒による肝臓の機能低下でも起こるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 お酒

赤ら顔の原因が飲酒、酒のせいで肝臓がやられてしまっている場合、肌そのものに働きかけるアプローチよりも肝機能の回復が先決です。

 

お酒を飲んでいる時に一時的に顔が赤くなるのは病的な反応とは言えません。

 

むしろ飲酒によって血行が促進される為、お酒で顔が赤くなるのは健康な証拠だと言われます。

 

ただし、お酒を飲んでいない素面の時にも慢性的に顔が赤くなっている場合、肝機能の低下、肝臓病が疑われます。

 

 
今までお酒を飲んでも顔が赤くならなかったのに、最近妙に赤くなる・・・なんて自覚症状がある場合も要注意です。

 

肝機能が低下し以前のようにアルコールを分解しきれず、顔の赤みに繋がっている恐れもあります。

 

解毒を司る肝臓が弱った状態だと、全身の血液循環にも支障をきたし、血が頭にのぼったまま停滞し不自然に顔の赤みが強く出てしまうようです。

 

日常的な飲酒習慣の他、ストレスや脂っこい食事、添加物も肝臓に負担をかけますから、肝臓トラブルの問題はお酒を飲まない方も軽視できません。

 

いずれにしても、お酒の飲み過ぎを自覚し赤ら顔症状も出ている場合、既に何らかの肝臓病を発症してしまっている確率が高いので一度医療機関で血液検査を受けるべきです。

 

ウコンやシジミ、牡蠣やプラセンタなど、肝臓に良い食べ物、成分はたくさんあります。

 

ただ、肝機能が低下した状態でこういったものを摂取してしまうと余計負担になり逆効果になる可能性もあります。

 

特に有効成分の多いサプリメントは、お酒のアルコールで悲鳴を上げている肝臓に鞭打つことになる恐れがあるので安易な自己判断は禁物です。

 

解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 肝臓

赤ら顔は肝臓が原因になっている可能性も十分に考えられます。

 

病的なまでに顔が赤くなってしまう赤ら顔の症状は、皮脂の過剰分泌による慢性ニキビや脂漏性皮膚炎、ステロイドの副作用や極度の乾燥肌、血管腫などによって引き起こされます。

 

皮膚に問題がなく自律神経の影響で身体の興奮時、顔が真っ赤になってしまうタイプも珍しくありません。

 

赤ら顔にお悩みなら、まずは原因を探り、適切な対策、治療に取り組む必要があります。

 

 
もし普段からよくお酒を飲んでいるなら肝臓疾患を疑ってかかり、一度検診を受けた方が無難です。

 

名医は顔色を見ただけである程度健康状態が分かると言われますが、顔色が悪い場合同様赤ら顔も体内循環、血液循環が健全に働いていない証です。

 

解毒を司る肝臓機能が著しく低下すると、血流もスムーズに流れなくなりますし毒素を無害化することができず大変危険です。

 

沈黙の臓器が手遅れにならないように

 

特に男性は顔が赤いだけで死ぬことはない、と放置しているケースが目立ちますよね。

 

けれどよく知られているように、肝臓は手遅れになってからでないと明らかな痛みや違和感を覚えない沈黙の臓器です。

 

また、飲酒後血流が良くなり顔が赤らむことはそう病的とは言えませんが、しょっちゅう飲酒しているせいで毛細血管の拡張も慢性化し、いつも顔が赤みを怯えている方も依存症一歩手前で大変危険です。

 

肝臓はアルコールを代謝するだけではなく、脂っこい食事や添加物など有害物質の分解も担当している臓器です。

 

飲酒習慣に身に覚えがあり赤ら顔を自覚している方は、肝臓に負担をかけ過ぎていないかどうか、早い段階で病院に診て貰いましょう。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿