スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

赤ら顔ならメイクはNG!?どんなメイクをすれば良いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 メイク

赤ら顔はメイクで誤魔化すと肌に強い負担がかかる恐れがある為、できるだけ皮膚呼吸を妨げないよう軽くカバーする程度におさえるのが理想的です。

 

コンディション次第でメイクは一切NG、メイクによって赤ら顔症状が更に悪化する可能性もあります

 

ただし、結婚式や久しぶりの友人に会う時、イベントの時はメイクを頼らざるを得ません。お仕事上、メイクが欠かせない方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな時は赤ら顔専用のメイクアイテムを駆使するしかありません。

 

おすすめの赤ら顔対策のメイク方法

 

プランドゥのアキュアプレミアムは赤ら顔改善のトリートメント効果も発揮しながら、下地&ファンデ&パウダーと3役も果たす優秀リキッドコスメです。

 

ネアームのフィオナKも、ビタミンK配合の美容クリームで赤みをカバーしながら肌質を改善するケア効果も期待できます。

 

 
こういった下地で土台をつくったら、日焼け止め対策もできる緑の力の赤ら顔ファンデーションでカバーしましょう。

 

男性は中々ファンデーションに手が出にくいかも知れませんが、男性専用のスーパー赤ら顔セットもあります。また男性や家族でも使いやすいオイズPBジェル“"もおすすめです。

 

セット内容は日中、外出時の赤み対策に使う水ファンデーションとコンシーラー、朝と晩のスキンケア用のマックスプラスの3点。

 

顔色によって3色から選べるようになっていますし、驚く程自然に仕上がるとユーザーからも好評です。

 

赤ら顔専用の化粧水、ドクターシーラボのレッドフェイストナーやヌウのアカラフォーミュラなどで、メイク前の素肌を整えれば完璧です。

 

韓国コスメやドクターシーラボのビタミンKは赤ら顔に効果が高い成分?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 1分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ビタミンK

赤ら顔にはビタミンKが有効と言われています。

 

最近有名になってきたOIZ“"などと同様に赤ら顔専用のスキンケア商品としてビタミンK配合のタイプがあります。

 

韓国コスメやドクターシーラボなど国内トップコスメメーカーも、現在ビタミンkを配合した赤ら顔対策用のローションやクリームを売り出しています。

 

面白いのは、ビタミンKが顔の赤みだけではなく、同時に目の下のクマを和らげる効果も発揮することです。

 

たった2つの美肌の条件とは?

 

シミやホクロなどの余計なトラブルがないこと、それに肌に病的な色むらがないこと、この2点をクリアしている肌は客観的に見て美しいと評価されるでしょう。

 

シミやホクロはともかく、赤ら顔の方は顔全体が血行不良状態に陥っている可能性が高く、目元のクマトラブルに見舞われている恐れがあります。

 

 
肌の赤みだけでも目立つのに、目の下のクマがあってはどんどん美肌の条件から遠ざかってしまいます。

 

赤ら顔もクマも対処できるビタミンK配合スキンケアアイテムでお手入れに励み、健康的な肌を取り戻しましょう。

 

脂溶性ビタミンに分類されるビタミンKは栄養成分も豊富で、毛細血管レベルで血の巡りを良くする作用をもたらします。

 

血液凝固対策にも優れた効果を発揮する為、皮膚の色をまだらにする細かい血栓を除去する働きも備え顔の赤みを緩和してくれます。

 

ちなみにビタミンKで赤ら顔対策に励む場合、皮膚から吸収させるのが有効な対策です。

 

サプリメントや普段の食事で栄養として摂取しても、健康対策には効果的ですが赤ら顔トラブルをダイレクトに改善する効果は期待することができません。

 

プラセンタサプリや注射療法が赤ら顔ケアに効果的!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

プラセンタ

赤ら顔にプラセンタはよく効きます

 

しかも、サプリメントや注射、点滴はもちろん、基礎化粧品も有効です。

 

そう安くない美容、健康成分なので予算との兼ね合いもありますが、都合の良い方法で赤ら顔対策にプラセンタを取り入れていきましょう。

 

同じ赤ら顔に効く有効成分でも、例えばビタミンKはサプリとして摂取しても顔の赤みを消し去るような効果を発揮することはありません。

 

あくまでも化粧品に配合されたビタミンK成分を皮膚に塗布することで、血管拡張作用、血栓除去作用が働き赤ら顔症状を緩和してくれます。

 

その点、プラセンタは色々な取り入れ方ができます。

 

例えばプラセンタ独特の臭いが苦手な場合には、サプリや注射療法にトライすれば良いわけです。

 

逆に胎盤であるプラセンタを服用、注入することに抵抗を感じる場合、化粧品でケアすればOKです。

 

 
万人に効くとは限りませんが、既にプラセンタで赤ら顔コンプレックスから解放された例はたくさん報告されていますし、試す価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

特に、肝機能の低下で赤ら顔症状が引き起こされている場合、肝臓治療にも使われるプラセンタ注射は効果てきめんです。

 

ただし、ヒト由来のプラセンタ製剤を1度でも注射すると、現在の日本の法律では献血ができなくなるのでご注意下さい。

 

プラセンタ注射自体、自費治療で受けた場合1回2,000円から9,000円程度で、打つ量、また筋肉注射か静脈注射か、注射方法によっても値段に差が出ます。

 

静脈より筋肉に打った方が有効成分の体内滞在時間が長いとされますが、筋肉注射は強烈な痛みを伴う為、痛くて治療を断念する方も後を絶ちません。

 

赤ら顔の赤みをカバーするベースメイクの選び方とポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ベースメイク

赤ら顔のベースメイク選びでは、やはりカバー力を重視してしまいたくなる筈です。

 

ほんの少しの赤みならむしろ健康的な印象を与えますが、病的に顔が赤いと「もしかしてお酒飲んでる?」なんて周りの何気ない言葉に傷つくこともありますよね。

 

「凄い興奮しているみたい」、「激情型?」なんて赤ら顔の方がよく言われる言葉を聞きたくないあまり、毎朝徹底的にベースメイクで赤みをカバーしている女性も少なくない筈です。

 

けれど、肌の強い赤みを化粧品で誤魔化すには限界があり、赤みは目立たなくなっても「なんだか厚化粧の人」と言うそれはそれで不名誉なイメージを与えてしまいます。

 

 
最近の赤ら顔専用のコスメは美容成分もたっぷり配合されているので安心ですが、皮膚に負担をかけない為にも症状が落ち着くまでメイクを控えることは最短治療の鉄則です。

 

ベースメイク選びではカバー力よりも、赤みを抑える成分が配合されたものを優先しましょう。

 

例えばプラセンタビタミンKも、赤ら顔によく効く美容成分として有名です。

 

血管を拡張し炎症を抑える作用をもたらすアルニカ花エキスも、赤ら顔対策に有効な成分です。

 

フラボノイド成分をたっぷり含むセイヨウサンザシエキス、アレルギー対策にもぴったりなグリチルリチン酸2K配合のベースメイクも、メイクしながら赤ら顔対策ができる優秀コスメです。

 

また、クレンジングによるダメージを減らすことができますので、洗顔石鹸で簡単に落とせるタイプのベースメイクも試してみて下さい。

 

赤ら顔対策のクリームならビタミンK配合の美容クリームが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 クリーム

赤ら顔はクリームによって随分状態が良くなる筈です。

 

赤ら顔を少しでも目立たなくする為には、赤みを抑える作用を発揮するビタミンK配合の赤ら顔クリームを選びましょう。

 

皮膚科を受診して赤ら顔を治す場合も、ビタミンK配合のクリームが処方される確率が高いようです。

 

皮膚科の赤ら顔治療では内服タイプのビタミン剤も処方されます。

 

クリームの場合ニキビが原因の赤ら顔の場合ビタミンB、乾燥による赤ら顔の場合ビタミンEが有効で、ビタミンKとこれらのビタミンをミックスしたクリームを出して貰えることもあります。

 

 
いずれにしても、赤ら顔を鎮めるのに即効性を発揮するステロイドは副作用が強く、一時的に症状が治まっても長期間使用することで状態は確実に悪化するので避けるべきです。

 

現在はステロイドの副作用問題が騒がれていますが、一昔前までアトピー性皮膚炎の救世主だったステロイドはごく当たり前に処方されていました。

 

一時的に使う分にはそう心配することはありませんが、アトピー性皮膚炎のように慢性化する病気の場合、処方薬も使い続けなければなりません。

 

強いステロイドを長年使い続けてきた患者さんの場合、脱ステロイド計画と言って段階を追って薬剤の量を減らさなければならない程、リスクの高い薬です。

 

ステロイドを顔に塗り続けたせいで皮膚が薄くなり、毛細血管が透けてしまうタイプの赤ら顔になっている方も少なくありません。

 

赤ら顔のクリームを病院で出して貰う時には、ステロイドを使いたくないと申し出ることも大切です。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿