スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

酒さ対策で処方される塗り薬「ロゼックスゲル」は有効なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 塗り薬

酒さの塗り薬ではメトロニダゾールが有名です。

 

抗菌剤の一種である有効成分のメトロニダゾールは酒さの先進国、アメリカでもメジャーな薬剤で、酒さの他、アトピー性皮膚炎、にきびなどの炎症性皮膚病変に対して処方されます。

 

水虫や足の踵のひび割れ、円形脱毛症や足、脇の異臭の治療に使われることもあります。

 

この有効成分を含む酒さの塗り薬を塗布することで、次第に菌の繁殖が抑えられ、赤み症状なども緩和されます

 

ただしどんな薬でも、長期間使い続けることで耐性がつく恐れがありますので症状が落ち着いたら塗る回数を減らしていった方が無難です。

 

内服薬の副作用には注意しよう!

 

内服薬もありますが、胃の不快感や食欲不振などの副作用を伴う可能性が指摘されています。

 

 
皮膚科では、塗り薬ならガルデルマ社のロゼックスゲル、内服薬は富士製薬のアスゾール、塩野義製薬のフラジールが処方される筈です。

 

ロゼックスゲルは洗顔後、水気をきっちり拭き取ってから赤みが気になる部分にジェルを塗ります。

 

基本的に皮膚科で処方して貰うことになりますが、最近はこういった薬を扱う個人輸入のオンラインショップも増えています。

 

値段も皮膚科で処方されるものとそう大差なく、初診料や再診療などを考えるとむしろ安くつくかも知れません。

 

有効成分の濃度にもよりますが、ロゼックスゲルなら1本10gから15gで大体2,000~2,500円前後が相場価格です。

 

酒さの塗り薬は3ヶ月ぐらい使い続けてみて下さい。ただし自己判断は禁物なので、最初は皮膚科を受診し状態を診て貰った方が安心です。
【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿