スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

顔の赤みの原因を探り根治治療を目指したい方へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

顔の赤み

本気で顔の赤みの原因、改善方法を知りたいなら、漢方医に診て貰うのが一番良いかもしれません。

 

一般的な病院では目の前に現れている症状に対して、薬を処方する西洋医学的な対処法しかしてくれません。

 

もちろん西洋医学のお薬は即効性抜群なので急いで症状を沈静化させたい時には、頼りになります。

 

けれど顔の赤みのような症状は繰り返し出ることが多く、二度と同じ症状を繰り返したくないと考えているなら、根本的な治療法を探さなければなりません。

 

 
この漢方による東洋医学の根治治療こそ、東洋医学に基づく漢方治療の得意分野です。

 

漢方治療では、同じ顔の赤みが出ている患者さんに表面の症状だけ診て機械的に薬を処方するようなことはしません。

 

普段の生活習慣や病歴、思考の癖、性格まで総合的にチェックし、お腹や舌の状態まで診た上で体質を判断し、今必要な薬を決めてくれます。

 

漢方の世界では、身体の内側のバランスが崩れている為顔の赤みが出ると考えるので、漢方薬でバランスを整える治療を行います。

 

顔の赤みを東洋医学の眼差しで分析!!

 

東洋医学の考えでは顔の赤みは熱が引き起こすとみなされますが、この熱は体温計で計ることができないもので、自ら感じる内側にこもる熱のようなものです。

 

 
漢方医は顔の赤みに悩む患者さんを気滞熱、陰虚熱、お血ケツ、気虚熱タイプなど、どのタイプに当てはまるか分析します。

 

気滞熱の場合、気が長い間滞ることで熱になっている状態で、手足を触るとひんやり冷えているのが特徴的です。

 

ストレスに弱く、せっかちな性格で常に苛々しているような方、情緒不安定な患者さんは、気滞熱と診断され、知名度の高い加味逍遥散(カミショウヨウサン) などが処方されることが多いでしょう。

 

反対に手足が熱く、皮膚の乾燥が目立つようなら肝腎に水分が不足している陰虚し熱タイプの可能性が強く、知柏地黄丸(チバクジオウガン)などの処方薬を飲むよう指示される確率が高いようです。

 

一方、血液の停滞状態が続き熱になるお血熱タイプは、顔色が悪く、物忘れをよくすることが特徴です。

 

口の中が乾いているのに水を飲みたくない、身体の痛みや記憶力の衰えを自覚しているなら、冠元顆粒、血府逐お湯(けっぷちくおとう)などの漢方薬を服用することで顔の赤みを改善することができます。

 

また、顔の赤みと共に、食欲不振、強い疲労感、めまいや冷や汗などの症状を訴えている気虚熱タイプの患者さんは、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を必要としている可能性が強いでしょう。

 

 
普通の病院で処方されるステロイドなどの西洋薬剤で治療しても一向に改善の兆しが見られない場合、こういった漢方を使った治療もあることを覚えておくと解決の糸口に繋がるかも知れません。

 

なお、漢方薬と肌に優しい発酵美容液などを組み合わせて使う事で、長年悩んでいた赤ら顔が改善される例もあるようです。

 

病院で酒さを治す治療法はステロイド外用薬が定番?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 治療

酒さの治療は治療する側も探り探りの状況で行われますが、薬は症状に対して処方されます。

 

同じ酒さでも現在どの症状が一番強く出ているのか、個人差がありますから、例えば炎症が激しく引き起こされている場合はステロイド外用薬が出されます。

 

けれど、アトピー性皮膚炎の治療でもよく使われるステロイドは、非常に深刻な副作用をもたらすことでも知られています。

 

酒さの治療でもステロイドの長期使用は状態を悪化させる恐れがある為、意識してステロイドを処方しないドクターもいます。

 

 
確かにステロイドは炎症がひどい状態の時に短いスパンで使用する分には重宝しますが、あくまで症状を一時的に抑える効果しかなく病気そのものを治療する力はありません

 

むしろステロイドを度々使うことで、病気が治りにくくなり違う厄介な症状を合併しやすくなることも有名です。

 

酒さと誤診されやすく合併率も高い脂漏性皮膚炎の治療でもステロイドは処方されやすい傾向がありますが、ステロイドに抵抗を感じる場合、違う治療法も考えてくれる医師かどうかもチェックしましょう。場合によっては転院も必要です。

 

その他、プロトピック軟膏も副作用がハードなので注意が必要な処方薬です。

 

メトロニダゾールにしてもマクロライド系などの抗生物質にしても、酒さと言う病気自体を治療する効能はありません

 

最近は体質改善効果を発揮する漢方薬で酒さの治療を行う病院も登場していますが、どのように治療していきたいのか、患者さん本人の意思も問われる病気です。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 30,520ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,303ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 11,853ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,284ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 10,740ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 9,978ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 8,873ビュー
最近の投稿