スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

顔の赤みの原因を探り根治治療を目指したい方へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

顔の赤み

本気で顔の赤みの原因、改善方法を知りたいなら、漢方医に診て貰うのが一番良いかもしれません。

 

一般的な病院では目の前に現れている症状に対して、薬を処方する西洋医学的な対処法しかしてくれません。

 

もちろん西洋医学のお薬は即効性抜群なので急いで症状を沈静化させたい時には、頼りになります。

 

けれど顔の赤みのような症状は繰り返し出ることが多く、二度と同じ症状を繰り返したくないと考えているなら、根本的な治療法を探さなければなりません。

 

 
この漢方による東洋医学の根治治療こそ、東洋医学に基づく漢方治療の得意分野です。

 

漢方治療では、同じ顔の赤みが出ている患者さんに表面の症状だけ診て機械的に薬を処方するようなことはしません。

 

普段の生活習慣や病歴、思考の癖、性格まで総合的にチェックし、お腹や舌の状態まで診た上で体質を判断し、今必要な薬を決めてくれます。

 

漢方の世界では、身体の内側のバランスが崩れている為顔の赤みが出ると考えるので、漢方薬でバランスを整える治療を行います。

 

顔の赤みを東洋医学の眼差しで分析!!

 

東洋医学の考えでは顔の赤みは熱が引き起こすとみなされますが、この熱は体温計で計ることができないもので、自ら感じる内側にこもる熱のようなものです。

 

 
漢方医は顔の赤みに悩む患者さんを気滞熱、陰虚熱、お血ケツ、気虚熱タイプなど、どのタイプに当てはまるか分析します。

 

気滞熱の場合、気が長い間滞ることで熱になっている状態で、手足を触るとひんやり冷えているのが特徴的です。

 

ストレスに弱く、せっかちな性格で常に苛々しているような方、情緒不安定な患者さんは、気滞熱と診断され、知名度の高い加味逍遥散(カミショウヨウサン) などが処方されることが多いでしょう。

 

反対に手足が熱く、皮膚の乾燥が目立つようなら肝腎に水分が不足している陰虚し熱タイプの可能性が強く、知柏地黄丸(チバクジオウガン)などの処方薬を飲むよう指示される確率が高いようです。

 

一方、血液の停滞状態が続き熱になるお血熱タイプは、顔色が悪く、物忘れをよくすることが特徴です。

 

口の中が乾いているのに水を飲みたくない、身体の痛みや記憶力の衰えを自覚しているなら、冠元顆粒、血府逐お湯(けっぷちくおとう)などの漢方薬を服用することで顔の赤みを改善することができます。

 

また、顔の赤みと共に、食欲不振、強い疲労感、めまいや冷や汗などの症状を訴えている気虚熱タイプの患者さんは、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を必要としている可能性が強いでしょう。

 

 
普通の病院で処方されるステロイドなどの西洋薬剤で治療しても一向に改善の兆しが見られない場合、こういった漢方を使った治療もあることを覚えておくと解決の糸口に繋がるかも知れません。

 

なお、漢方薬と肌に優しい発酵美容液などを組み合わせて使う事で、長年悩んでいた赤ら顔が改善される例もあるようです。

 

顔の毛細血管拡張症の原因と良く効く漢方薬の見つけ方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 顔

毛細血管拡張症が顔に出る原因は漢方で取り除くことができるかも知れません。

 

インターネットで「毛細血管拡張症 顔 漢方」と言うキーワードで検索してみて下さい。

 

毛細血管拡張症はレーザー治療のような光治療でも症状を軽くすることができますが、そういった外からのアプローチの他、身体の内側から働きかける漢方治療も人気を集めています。

 

レーザー治療は皮膚に対する負担が強く、値段が高い上に必ず効果があるとは限らない治療法です。

 

太めの血管を目立たなくする為に硬化剤を注射する硬化療法も、色素沈着トラブル、しこりトラブルに見舞われるリスクを伴います

 

時間がかかってもじわじわと効く可能性があるなら漢方治療を試したい、と考えるなら是非専門医のところで診察を受けてみましょう

 

西洋医学のお薬は体質に関わらず症状によって処方薬が決まりますが、漢方薬は今出ている症状だけではなく元々の体質も考慮し、どの薬を処方するのか決定されます。

 

 
この判断は専門医にしかできませんし、根本的な原因を突き止める為にも自己判断は禁物です。

 

毛細血管拡張症自体、お酒の飲み過ぎで引き起こされることもありますし、薬の副作用で症状が現れることもあります。

 

まずはご自身の病状の原因を探ることから始めなければなりません。

 

アルコールが原因なら禁酒こそ治癒の近道になりますし、薬の副作用として症状が出ているなら、治療方法を考えるところから取り組む必要があります。

 

そもそも、毛細血管拡張症と症状がよく似た他の病気もありますから、本当に顔の病的な赤みが毛細血管拡張症のせいなのか、診断して貰う必要があります。

 

漢方治療のメリット&デメリット

 

毛細血管拡張症はアトピー性皮膚炎と併発しやすいことで知られていますが、ステロイド外用薬の副作用として慢性的な赤ら顔になってしまうパターンが珍しくありません。

 

こういった西洋薬剤の弊害が広まるにつれて、東洋医学に基づいて処方される漢方治療にも注目が集まっていますが、速攻性は期待することができません

 

他の皮膚病も併発し症状が重症化している場合、独断でいきなりステロイドを止めて漢方薬を飲み始めるのは大変危険です。

 

漢方治療に明るいドクターなら、ステロイドと漢方薬を上手く併用しながら徐々に漢方1本に絞っていくような治療も可能な筈なので、信頼できるお医者さんを探すことから始めましょう。

 

毛細血管拡張症の漢方治療はどの病院でも行っているわけではありませんし、漢方を処方してくれる医療機関を見つけることが先決です。

酒さの症状が唇に出て赤くなる事なんてあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 唇

酒さが唇に出ることもあります。唇は元々赤みがあるパーツですから、見た目には中々気づかれにくいかも知れません。

 

けれど皮膚がほてったような違和感、厚みを増し硬化するような違和感、細かい湿疹が出ている場合は酒さの症状かも知れません。

 

ただ、唇の異常が酒さのせいかどうかを正確に診断することができる医師、皮膚科はそう多くありません

 

酒さ治療先進国のアメリカとは異なり、日本人の発症率が非常に低い日本ではあまり積極的に研究が進められていない状況だからです。

 

 
酒さと言う皮膚疾患自体、はっきりした原因も治療法も分かっていない難しい病気です。

 

しかもアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎など、症状もよく似た皮膚疾患と併発しやすい厄介な病気です。

 

唇は塗り薬による治療に向いていません

 

いずれにしても、酒さを専門的に治療してくれる限られた医師なら、体質改善の為の漢方を処方してくれる筈です。

 

考えられる酒さの原因は多岐に渡りますし、漢方薬自体一人一人の体質と症状に合わせて処方されるので一概には言えませんが、唇まで症状が及んでいるケースだと十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)が処方される確率が高いでしょう。

 

化膿しかかっている場合やニキビも併発している場合は、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、血の汚れ、停滞が疑われる場合には加味逍遥散(かみしょうようさん)、冷えが強く出ているなら当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が適していると判断されるかも知れません。

 

いずれにしてもある程度飲み続け効果が現れるまで、辛いものや熱いもの、冷たいものが唇に触れないようできるだけ刺激を避けましょう。
    酒さ

子どもの酒さケアにはステロイドを控えた方が良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 子供

酒さは子どもでも発症する恐れがある皮膚疾患です。

 

一般的には30代、40代以降の中高年で発症しやすいことが分かっていますが、子どもが酒さを発症する可能性はゼロではありません

 

幼い頃から酒さの辛い症状に見舞われているケースもありますし、高齢になって突然発症するケースも報告されています。

 

また、男性よりも女性の発症率が圧倒的に高いものの、男性に多い鼻瘤と言う鼻が赤く膨らむような症状もありますし、まだまだ未知の病気です。

 

そして万が一お子さまが酒さを発症してしまったら、安易にステロイド治療に飛びついてはいけません

 

ステロイドは皮膚の辛い症状を一時的に落ち着かせる作用に優れていますが、後々の副作用が激しい為、最近では処方を避ける皮膚科医も増えています。

 

特に若い年齢からステロイド治療を始めてしまうと、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎など他の皮膚疾患も併発しやすくなり、20代でもう肌がボロボロになる恐れがあります。

 

 
体質を改善する為にも、食事を担当する母親が診察に付き添い食事に関する指導を受けて協力する必要があります。

 

小児用の漢方治療も広まっていますし、一昔前よりも飲みやすい工夫がされているのでご安心下さい。

 

お子さまが漢方薬をスムーズに飲めるよう、いちごチョコ風味やコーヒーゼリー風味がつけられた服薬用のゼリーもあります。

 

こういったサポートアイテムを使えば、漢方独特の苦味、粉っぽさも気になりにくいのではないでしょうか。

毛孔性苔癬の改善に効果的な漢方薬ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性苔癬 漢方薬

毛孔性苔癬に悩んでいる人にとって、少しでも症状が良くなるという情報はとても貴重なものです。

 

いろいろな治療法を取り入れて少しでも症状緩和したいと考えていると思いますので、漢方にも挑戦してみると良いのではないでしょうか。

 

漢方薬というのは、なかなか原因が見つからないような症状を含むいろいろな病気に効果を発揮するものです。

 

即効性はないかもしれませんが、少しずつ症状を良くしてくれる効果があります。

 

毛孔性苔癬にも漢方薬が良く効きますし、肌荒れ全般に効果を発揮する薬があります。

 

まずくて漢方薬が苦手でも継続することが大事

 

味が苦手だったり、食前に飲むのがなかなか難しいということもあるかもしれませんが、肌がきれいになるためであったら少しぐらいの努力は払いたいと思うのではないでしょうか。

 

漢方薬の味が苦手だという人は、なんとか一週間頑張れば味に慣れることができますので、味が苦手だというだけで避けるということはやめましょう

 

 
実際に、毛孔性苔癬に長年悩んでいた人が、漢方薬を飲み始めて半年ぐらいで症状が無くなったというケースがあるようです。

 

ある程度の期間飲まないと効果は実感できないかもしれませんが、肌が徐々に綺麗になっていくのを経験することができます。

 

安心して毛孔性苔癬のために漢方薬を飲みたいのであれば薬剤師さんに相談しながら、漢方薬の飲み方を教えてもらうことができるでしょう。

 

そうしておけば万が一副作用が出た時にもすぐに相談することができますので安心して飲むことができますね。

 

ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

清上防風湯

酒さの漢方をツムラで選ぶなら、清上防風湯(セイジョウボウフトウ)がオススメです。

 

第2類医薬品なのでドラッグストアやオンラインショップでも気軽に購入することができますし、近くに漢方医が在籍する薬局がなくても入手することができます。

 

もちろん、東洋医学に基づく漢方薬は一人一人の体質に合ったものを選ぶのが効き目を発揮する為の大前提です。

 

同じ酒さでも発症のメカニズム、現在の状態、元々の体質は個人個人違う為、合う漢方薬も共通しているとは限りません。

 

ただ、清上防風湯は一般的に酒さをはじめとする赤ら顔やニキビ、顔の湿疹、皮膚炎に有効とされる漢方薬です。

 

ツムラのエキス顆粒タイプは普段漢方薬を飲み慣れない方にも、そう苦味を感じずに副作用できると評判ですし、サプリメント感覚で試しやすいのではないでしょうか。

 

 
漢方薬の効き目は緩やかなのですぐに緩和効果が見られなかったとしても、しばらくは根気良く続ける必要があります。

 

ただし、清上防風湯を服用し始め、全身があまりにもだるくなったり食欲不振、胃の痛み、不快感などを自覚するようならただちに服用をストップする必要があります。

 

胃腸に負担をかけやすい漢方ですから、消化器官に自信がない方は避けた方が無難でしょう。また、妊娠中の女性にも服用は勧められません。

 

そもそも医療機関で抗生剤など何らかの内服剤を投与されている間は、漢方薬が思うように効かない可能性もあります。

 

担当ドクターに相談した上でトライするかどうか決める必要があります。

 

薬効の強いどくだみは赤ら顔を緩和できる可能性があるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 どくだみ

どくだみは赤ら顔をはじめ、解毒が必要な身体のトラブルによく効くことで昔から知られています。

 

江戸時代初期に貝原益軒(カイバラエキケン)によって書かれた「大和本草(ヤマトホンゾウ)」に登場するマルチな効能を発揮する民間薬、十薬(ジュウヤク)はどくだみのことです。

 

副作用の強い西洋医学治療に疲れ果て、漢方治療を頼ってどくだみを処方された赤ら顔患者さんも少なくありません。

 

どくだみの素晴らしい点は多様な取り入れ方ができるところです。

 

 
漢方医に本格的な煎じ薬を処方して貰う治療法の他、ドラッグストアでも購入できるお茶でも体質改善効果が期待できます。

 

どくだみエキスが配合された化粧水を直接肌に塗る方法もオススメです。

 

苦いのでお茶がどうしても口に合わない、と言うことであれば有効エキスを錠剤やカプセルに閉じ込めたサプリメントが重宝します。

 

しかも、どくだみは薬効成分の多いお茶の中でも比較的安価な植物ですし、地域によっては自分の庭や近所に生えている可能性も十分にあります。

 

独特の臭いが手につく点だけは厄介ですが、摘んだどくだみをよく洗い、入浴剤としてお風呂に入れるのも効果的です。

 

摘んだばかりの若い芽を揚げて天麩羅にすれば臭みも消え、美味しく頂くことができます。

 

韓国の美容、健康法、よもぎの葉をブレンドして焚き下半身を温めるよもぎ蒸しも赤ら顔の毒出し、冷え対策に絶大な効果を発揮しますよね。

 

よもぎの葉にどくだみの葉を混ぜることで更なる相乗効果が期待できます。

 

顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 漢方

赤ら顔を漢方で治したい、と漢方医のところに駆け込む方が増えています。

 

単純な皮膚疾患が原因で顔が赤みを帯びてしまっているケースは、肌トラブルを解決すれば自然に顔色も落ち着きます。

 

ただ、体質の問題や自律神経の乱れで症状が引き起こされている場合は、表面に現れている症状に応急処置的にしか対応できない西洋医学より、根本的な原因にアプローチする東洋医学への期待値が高くなります。

 

 
処方される漢方薬は赤ら顔の原因次第で変わります。

 

赤ら顔で処方される漢方の例

 

例えばニキビが活性化しているような状態なら、過剰に分泌されている皮脂を抑える半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)が有効です。

 

人前に出ると緊張して顔が真っ赤になってしまうタイプ、興奮したり激怒して顔を赤くするタイプは、憤り動揺する身体を鎮める作用の漢方が処方されます。

 

代表的なのは天王補心丹(テンノウホシンタン)知柏地黄丸(チバクジオウガン)、それに滋陰降火湯(ジインコウカトウ)等々。

 

一方、寒い屋外から暖められた室内に移動すると気温差で顔が赤くなるタイプ、ほてりなどによる赤み、お酒を飲んで顔が赤くなるタイプの方は、血流に問題を抱えている恐れがあります。

 

いわゆるどろどろ血液に近い状態で、血液の中に溜まっている栓のせいで血流がスムーズに流れない状態です。

 

その為毛細血管が広がりやすく、顔が赤くなると考えられます。参考→毛細血管拡張症

 

このタイプの体質と診断されたら、温経湯(ウンケイトウ)や桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)が処方される確率が高いでしょう。

 

どの漢方薬もドロドロ血液をサラサラ血液に改善する作用を持ちます。

 

赤ら顔って治療できるの?漢方や美容液を使った改善法や治し方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 1分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 治し方

赤ら顔を改善する為の治療、治し方は、原因が分かっていない限り見つかりません

 

ニキビや肌の厚みなど皮膚自体が問題を抱えている場合もありますし、自律神経が問題になっている可能性もあります。

 

もし皮膚のトラブルなら食生活を改善したり、赤ら顔の美容クリーム“"などを塗布することで赤ら顔を改善することができます。

 

ただ、極端に緊張してしまう性格の方や精神的なストレスを強く感じている場合、皮膚科よりも診療内科に足を運ぶべきかも知れません。

 

心療内科で自律神経失調症と診断されると、患者さんの症状に合わせて自律神経調整剤や精神安定剤、ビタミン剤などが処方されます。

 

 
眠れないことが原因で神経が不安定になっている場合は、睡眠誘導剤や睡眠薬が出して貰える筈です。

 

薬剤に抵抗を感じる場合、漢方処方を行っている医療機関、薬局で黄連(オウレン)や芍薬(シャクヤク)、抑肝散(ヨクカンサン)などの漢方を処方して貰う選択肢も考えられます。

 

女性は中高年になり、更年期障害による赤ら顔でしんどい思いをするケースも珍しくありませんし、その場合ホルモン剤で不足した女性ホルモンを補充する治療が行われるかも知れません。

 

最適な治療方法に早く辿り着く為にも、一度医療機関で赤ら顔の原因を調べて貰いましょう。原因を突き止めない限り、赤ら顔の治し方も分かりません。

 

ごく稀に原因不明の赤ら顔に悩まされるケースもありますが、病院に行けばなぜ顔が赤くなるのか、大体の因果関係を教えて貰える筈です。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 30,630ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,320ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 11,903ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,300ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 10,770ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,032ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 8,941ビュー
最近の投稿