スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

毛細血管拡張症の赤みが腕に出る原因と危険な治療薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

腕の赤み

毛細血管拡張症が腕に出る原因は薬の副作用かも知れませんが、自己判断で現在処方されている薬剤の使用を中止するのは大変危険です。

 

ステロイドの副作用が問題視され、最近はアトピー性皮膚炎に対しても漢方などステロイド以外の治療法が見直されています。

 

ただ、ステロイドは計画的に使わなければならない薬剤なので、止める時も時間をかけてレベルや量を落としていかなければなりません。

 

薬が原因だった場合の対処法

 

ステロイドと漢方薬を併用する治療法もありますし、まずはかかりつけの医師に相談し、指示を仰ぐことが先決です。

 

脱ステロイドを希望しているのに頭ごなしに否定するようなら医師なら、思い切って病院を変えるのも選択肢の一つです。

 

 
いずれにしても、自己判断でステロイドを急にストップするのは危険なので治療は専門医と二人三脚で行うことが重要です。

 

恐ろしいリバウンド

 

医師のサポートなく、長年使用していたステロイドを突然使わなくなると、物凄いリバウンド現象に襲われることになります。

 

夜も眠れない程強烈に痒くなり、毛細血管拡張症のせいなのかどうか分からない程、腕はもちろん全身が真っ赤になることも。

 

ひどければこの状態が何ヶ月も続くので、精神的に参ってしまう患者さんも少なくありません。

 

無計画な脱ステロイドのせいで白内障や心臓弁膜症などの深刻な病を招いてしまったケースも報告されています。

 

こういったリバウンドを防ぐ為、ステロイド治療を中止する時は医師がステロイドの種類、量を見極めて計画的に減らしていくわけです。

 

安易なアンチ・ステロイド派の意見に踊らされ、病状を重症化させることがないよう、専門家の意見にも耳を傾ける姿勢が大切です。

 

根拠のない民間療法に要注意

 

ステロイドが原因で毛細血管拡張症の症状が腕に出ることもありますが、脱ステロイドを目指し民間療法を頼る時は注意が必要です。

 

毛細血管拡張症もアトピー性皮膚炎同様、ある程度の原因は分かっているものの、万人に効く治療法が確立されているわけではない難しい病気です。

 

こういった病気は民間療法で治ることもありますが、中には根拠のない怪しげなものも・・・。

 

特に高額の費用がかかる治療法にトライする時は、詐欺に引っかからないよう気をつけなければなりません。

 

ステロイドの次には、漢方療法など効く根拠が明確になっているものから取り組みましょう。優しいスキンケアに取り組むことも必要です。

 

どの治療法も魔法のように即座に腕の赤みが消え去ると言うことはありません。時間をかけて根気よく取り組むことが大事です。

目の周りに酒さの赤みが出るのは継続的にステロイドを使っているから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 目の周り

酒さが目の周りに出ることもありますが、ご自身の皮膚疾患を正確に把握していないと単純に「目薬でかぶれたのかな?」などと誤解してしまうこともあります。

 

酒さは日本人の発症例が極端に少ない皮膚疾患の為、国内の皮膚科医はこの病気に対して詳しい治療法をあまり認識していない状況です。

 

まして眼科医が目の周りの赤み、かぶれ、湿疹を見て即座に酒さの症状だと判断できるかと言えば・・・。

 

 
そもそも酒さ自体、明確な発症メカニズムも原因も分かっていない難しい病気の為、お医者さんに行けば必ず治るとは限らないことは覚悟しておいて下さい

 

目の周辺が酒さで赤くなる人の特徴

 

酒さが目の周りに出やすいのは、長年ステロイド薬を使用していた患者さんです。

 

ステロイドはアトピー性皮膚炎などの炎症を一時的に落ち着かせることができますが、長期スパンで使用、一度に大量に使用することで酒さ様皮膚炎が引き起こされることも。

 

早急に落ち着かせなければならない目の周りの激しい酒さ症状を鎮める為にステロイドが処方されることもありますが、その場合も保護クリームを塗布してからランクが最も弱いものを少量だけ使う配慮が必要です。

 

デリケートな部分ですから、刺激が強過ぎる塗り薬よりも、炎症の引き金になる身体の熱を冷ますような漢方薬を投与した方が安心です。

 

涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)や五涼華(ごりょうか)など血熱を解消する作用を発揮する漢方薬も有効です。

 

酒さが原因で目の周りが赤くなった時には、赤みが引くまで食生活でも唐辛子やアルコールなどの刺激物を控え、日光や熱いお風呂も避けましょう。

毛孔性苔癬と呼ばれる毛孔性角化症の症状とケア方法の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性角化症

毛孔性苔癬は毛孔性角化症と呼ばれることもありますが、二の腕などの皮膚が部分的にザラザラしぶつぶつができる慢性の皮膚疾患です。

 

小学生から高校生、10代のうちに発症し、40代50代以降の中高年になって自然に治癒することが多い不思議な病気です。

 

特に二の腕に症状が出やすいものの、背中や太ももなど全身が狙われる恐れがあります。

 

毛穴周りの角質が盛り上がって湿疹状態になり、炎症を引き起こし全体が赤みを帯びることも。

 

症状をこじらせ色素沈着を起こしてしまうと、ぶつぶつ、ザラザラが消えても茶色いシミ状のものが残るので要注意です。

 

原因や発病の詳しいメカニズムは解明されていないものの、遺伝要素も指摘されています。

 

 
目立つ二の腕に症状が出ると気になるかも知れませんが、健康上深刻な被害を及ぼすことはありません。

 

強烈な痒み、痛みを伴うこともなく大半の場合自覚症状はありませんので放置する方も少なくありません。

 

もし医療機関で毛孔性苔癬、毛孔性角化症を治療する場合は、厚くなり硬くなった角質を溶解させる為のサリチル酸軟膏、尿素軟膏などの外用薬、保湿剤が処方されます。

 

最近は漢方薬で治療する皮膚科も増えていますが、美容皮膚科だとケミカルピーリングやレーザー治療、ダーマローラ、イオン導入などの治療方法を提案されることもあります。

 

こういった保険適用外の治療方法に関しては、事前に費用のことも確認しておきましょう。

 

毛孔性角化症ケアにはニノキュアやザラプロなど、毛孔性苔癬、毛孔性角化症用の医薬品外用薬も市販されています。

びまん性紅斑の酒さにチカラを発揮する「十味敗毒湯」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

十味敗毒湯

酒さに十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)が効果的、と注目を集めています。

 

酒さは原因不明の難しい病気で、皮膚科を受診して色々なアプローチを試しても必ず効くとは限りません。

 

また、一時的に症状が改善しても中々完治しにくい慢性皮膚疾患ですが、東洋医学に基づく漢方治療では酒さの辛い症状を引き起こす根本的な原因にアタックし体質を改善する段階から着手します。

 

既に通院歴が長く治療に行き詰まっている方も、試す価値があるのではないでしょうか。

 

 
十味敗毒湯は特に酒さのびまん性紅斑に効きやすいようです。

 

十味敗毒湯のメリット・デメリット

 

十味敗毒湯のような漢方治療のメリットは、しんどい症状に見舞われないよう体質そのものを改善することができるところです。

 

また、抗生物質やステロイドのような副作用も心配ありません

 

ただし、漢方薬は体質との相性によって実力を発揮することができませんので、東洋医学に熟知した専門医に体質を見極めた上で適切な漢方薬を処方して貰う必要があります。

 

医師の見立てが違えば完治は遠のきますし、西洋医学の薬剤よりも効き目を実感するまでに時間がかかるので合う漢方薬を見極めるのにも時間がかかります。

 

また酒さを専門的に治療してくれる病院はそう多くない上、漢方にも明るい医師は限られていますから、治療の場が少ないことも漢方治療のネックかも知れません。

 

最近はオンラインショップや薬局でも第2類医薬品の漢方薬を購入することが可能で、十味敗毒湯も市販されていますが、やはり漢方医の問診を受けてから治療に取り組んだ方が何かと安心です。

 

毛孔性苔癬の改善に効果的な漢方薬ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性苔癬 漢方薬

毛孔性苔癬に悩んでいる人にとって、少しでも症状が良くなるという情報はとても貴重なものです。

 

いろいろな治療法を取り入れて少しでも症状緩和したいと考えていると思いますので、漢方にも挑戦してみると良いのではないでしょうか。

 

漢方薬というのは、なかなか原因が見つからないような症状を含むいろいろな病気に効果を発揮するものです。

 

即効性はないかもしれませんが、少しずつ症状を良くしてくれる効果があります。

 

毛孔性苔癬にも漢方薬が良く効きますし、肌荒れ全般に効果を発揮する薬があります。

 

まずくて漢方薬が苦手でも継続することが大事

 

味が苦手だったり、食前に飲むのがなかなか難しいということもあるかもしれませんが、肌がきれいになるためであったら少しぐらいの努力は払いたいと思うのではないでしょうか。

 

漢方薬の味が苦手だという人は、なんとか一週間頑張れば味に慣れることができますので、味が苦手だというだけで避けるということはやめましょう

 

 
実際に、毛孔性苔癬に長年悩んでいた人が、漢方薬を飲み始めて半年ぐらいで症状が無くなったというケースがあるようです。

 

ある程度の期間飲まないと効果は実感できないかもしれませんが、肌が徐々に綺麗になっていくのを経験することができます。

 

安心して毛孔性苔癬のために漢方薬を飲みたいのであれば薬剤師さんに相談しながら、漢方薬の飲み方を教えてもらうことができるでしょう。

 

そうしておけば万が一副作用が出た時にもすぐに相談することができますので安心して飲むことができますね。

 

原因によって薬が異なる赤ら顔の3つの治療薬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔の薬

赤ら顔の薬は、原因によって処方されるものが異なります

 

極度の乾燥による赤ら顔ならビタミンB2、ビタミンB6などのビタミン剤や塗り薬のワセリンヒルドイドなどの保湿剤が処方される確率が高いでしょう。

 

保湿&美白作用に優れたプラセンタ注射、点滴を勧められることもあります。

 

重症化する程炎症が激しくなる上進行性の厄介な慢性皮膚疾患、「酒さ」による赤ら顔と診断された場合、アトピー性皮膚炎同様決定的な治療法はないものの、アスゾールやフラジールなどの抗菌薬などで治していくことになります。

 

重症の場合、ステロイドの内服薬を処方されることもありますが、応急処置的に使うにしても後々の副作用を考慮して長期間連続して使用するのは避けましょう。

 

 
使用が長引けば長引く程離脱しにくくなります。

 

副作用リスクのことを考えると、即効性は期待できず根気良く服用し続けなければなりませんが、漢方薬による東洋医学治療も検討する価値があります。

 

急激な温度差などで顔が赤らむタイプに有効な桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、過剰皮脂を抑える半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)、そして知柏地黄丸(チバクジオウガン)は緊張や興奮で顔が真っ赤になるタイプに処方されます。

 

一方、自律神経失調症による赤ら顔の場合、処方される薬は心療内科、精神科分野の薬剤になり、副作用リスクも高いので注意が必要です。

 

自律神経調整剤なら比較的副作用は少なく、長期間使用しても精神安定剤のような深刻な悪影響はありません。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 31,487ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,500ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,078ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,513ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,029ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,271ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 9,443ビュー
最近の投稿