スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

頬の赤みは体質でなく内臓トラブルが原因かも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

内臓トラブル 赤み

頬の赤みが中々引かないようなら、人体のバランスを整えることを治療原則とする中医学の考えを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、頬の赤みの原因や改善方法も一風変わっています。

 

足の裏には内臓に対応したツボがあることは有名ですが、人の顔にも部位ごとに臓腑が深く関連すると考えられています。

 

両頬に赤みが出ている場合、肺と脾に問題を抱えていることが疑われます。

 

具体的には右の頬が赤い時は肺、左頬の赤みが強いなら肝臓のトラブルの影響を受けている可能性が強いでしょう。

 

特に女性は毎月生理を迎える為、造血を司る肝臓に強い負担がかかり、左頬に異常が現れやすくなります。

 

 
生理中、生理前特に頬が赤くなるようなら、肝臓を労わるような食事を心掛けましょう。

 

お酒を呑んで頬が赤くなるのは危険?!

 

お酒を呑んで頬が赤くなる現象はフラッシングと呼ばれます。

 

アルコールが体内で分解される時、毒性のアセトアルデヒドが生成され酢酸に変化しますが、分解能力が低いとフラッシング反応が強く出ます。

 

しっかり分解することができない、と言うことですから、飲酒後頭痛や吐き気などの二日酔いが起きやすくなります。

 

お酒を呑んで顔が赤くなるのは血行が良くなっている証拠、健康的な反応だと誤解している方も多いようですが、考えを改めた方が良さそうです。

 

発がん性も指摘されていますし、お酒を呑んで頬が赤くなるタイプの方が毎晩晩酌を続けると発がんリスクが一気に高くなるそうです。

 

頬の赤みが慢性化する酒さと言う病気

 

映画やドラマに登場する酔っ払いはいつも両頬と鼻が真っ赤に染まっていますが、頬の赤みが慢性化する『酒さ』と言う病気もアルコールと無縁ではありません。

 

【※参考】
アルコールの飲酒が酒さを悪化させる理由とは!?
アルコール依存性が酒さの原因になる噂って本当なの?

 

アルコールだけが原因ではありませんが、肝臓を休める暇もなくお酒を飲んでいると頬の毛細血管が拡張し、赤みが常に出ている状態になります。

 

脂漏性皮膚炎と誤診されることもありますが、いずれにしてもここまで悪化すると病院での治療が必要です。

 

 
赤みを鎮める為の美白クリームなどを塗ってもほとんど効果はありません。

 

普段の生活を改め、抗生物質や漢方など薬を服用しながら根気良く治していくしかないでしょう。

 

頬が赤いと言うだけで生命を左右されることはありませんが、皮膚の病的な赤みには深刻な病が隠れている恐れもあるので軽く見ることはできません。

 

頬が赤くても死なない、なんて放置するうちに、笑えない病魔に狙われてしまうかも知れません。

酒さで頭痛が起こりやすくなる関連性があるって本当なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 頭痛

酒さと頭痛は一見無関係に思えますよね。酒さは皮膚疾患、頭痛は神経内科分野の病です。

 

ところが、スイスで行われたある研究により意外な関連がある可能性が指摘されています。

 

未だ充分なエビデンスが発表されていない以上、「可能性がある」程度に捉えるしかありませんが、偏頭痛持ちの女性は酒さを発症しやすいと言う関連性があると言われています。

 

元々酒さは男性よりも女性の発症率が高く、発症年齢も中高年世代が高いことは分かっています。

 

どうやら偏頭痛の薬が酒さの発症に関わっている疑いがあるようです。

 

 
念のため50代以降で偏頭痛の薬を日常的に飲んでいる女性は酒さに警戒しておいた方が良いかも知れません。

 

酒さにも頭痛にも効果的なケア方法を覚えよう!

 

酒さにも頭痛にも共通している対策は結構たくさんあります。

 

例えば、食生活では油分過多の献立にならないよう注意しましょう。

 

お肉を食べる時も脂身が少ない部位を選び、ドレッシングなどの調味料にも気をつけたいものです。

 

既に揚げ物三昧、炒めもの三昧の生活を送っているなら、健康対策の一環にもなる筈です。

 

栄養面では、ビタミンBをしっかり補充しよう

 

食事から摂取するのが理想的ですが、無理なようならサプリメントを賢く活用すればOKです。

 

偏頭痛のビタミンB2療法と言う改善策も存在しているぐらい、頭痛持ちにビタミンB群は欠かせません。

 

酒さの治療でも、ビタミン類はよく処方されます。

 

ビタミンB2は皮脂の分泌量をコントロールする役目を担っていますし、ビタミンB6は皮膚の新陳代謝を促してくれるビタミンです。

頭痛や偏頭痛を伴う赤ら顔は自律神経バランスの乱れのサイン!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 頭痛

赤ら顔の症状に悩んでいる人はまず原因を探ってみる必要があります。

 

何パターンかに分けることができますが、頭痛を伴っている場合は自律神経のバランスが崩れている可能性が高いです。

 

顔が赤くなる時には必ず偏頭痛が生じるという人は、強いストレスを感じている場合が多いのです。

 

もしくは睡眠不足などの生活習慣の乱れが原因となっている場合もあります。

 

いずれにしても自律神経のバランスを整えていくことが大切です。

 

いろいろな方法で赤ら顔の症状を緩和していくことができますが、自律神経のバランスを整えるためにも、リフレクソロジーや半身浴を取り入れてみることができます。

 

頭痛の原因となっているのがストレスであれば、足の裏をマッサージしたり温めたりすることで、症状をかなり緩和することができます。

 

赤ら顔の症状と頭痛が同時に解決したという人もたくさんいるので、ぜひ積極的に試してみましょう。

 

また、寝る時間を一定に保って、生活パターンを崩さないということも大切です。

 

 
できれば夜の10時ぐらいにはリラックスしたモードに入っていると、自律神経の働きを正常にすることができます。

 

ギリギリまでスマートフォンをいじっていたり、パソコンを見ていると、脳が興奮状態になってしまいますので、寝つきが悪くなります。

 

そういう細かい点にも気を使っていけば、赤ら顔や頭痛の症状に悩まされることも少なくなっていくことでしょう。

 

ただしこれらの赤ら顔対策方法は、すぐに効果が出る即効性があるわけではありませんので、気長に努力をしていきましょう。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 30,520ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,303ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 11,853ビュー
  4. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,284ビュー
  5. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 10,740ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 9,978ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 8,873ビュー
最近の投稿