スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

赤ら顔の治療でよく使われる2つのレーザー治療方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 レーザー

赤ら顔をレーザーで治療するなら、レーザー治療専門クリニックだと安心です。

 

シミ治療や脱毛など様々な作用を持つレーザーですが、レーザーマシンは種類によって発揮する効果が違います。

 

同じレーザー治療でも症状によって適切なレーザーは異なりますし、患者さん1人1人にぴったり合う治療を行う為にもレーザー専門クリニックなら設備も整っているので安心です。

 

 
赤ら顔のレーザー治療でよく用いられるのは、Vスターレーザーやヤグレーザー、ダイオードレーザーなど。

 

急激な気温の変化で顔が真っ赤になるタイプ、緊張や興奮で赤みが出るタイプで比較的症状が軽い場合、皮膚の代謝力を上げるダイオードレーザーで肌の血行促進を促します。

 

レーザー照射後、皮膚表面に血管が浮き出なくなり、うっ血した血液を貯め込みにくくなる為、症状も緩和します。

 

もう少し症状が重く、慢性的に毛細血管が浮いている状態でいつも全体的に赤みがぼんやり広がっている場合、Vスターレーザーで浮き出た血管をソフトに破壊し症状を抑えます。

 

更に重症の場合はヤグレーザーピーリングで深部の血管までレーザー光線で熱エネルギーを照射し、赤ら顔を引き起こす拡張状態の毛細血管を破壊する治療が有効です。

 

ヤグレーザーピーリングのような威力の強いレーザーを用いた場合、治療後カサブタができたり内出血、内出血で現れる紫斑などが出る恐れがあります。

 

時間が経てば自然消滅するものですが、1週間程度はお化粧を控えるよう指示されます。

 

レーザー治療前後は日焼け厳禁でUV対策を念入りに行う必要がありますし、治療後炎症を抑える為に抗生物質の内服剤や外用薬も処方されます。

 

顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 漢方

赤ら顔を漢方で治したい、と漢方医のところに駆け込む方が増えています。

 

単純な皮膚疾患が原因で顔が赤みを帯びてしまっているケースは、肌トラブルを解決すれば自然に顔色も落ち着きます。

 

ただ、体質の問題や自律神経の乱れで症状が引き起こされている場合は、表面に現れている症状に応急処置的にしか対応できない西洋医学より、根本的な原因にアプローチする東洋医学への期待値が高くなります。

 

 
処方される漢方薬は赤ら顔の原因次第で変わります。

 

赤ら顔で処方される漢方の例

 

例えばニキビが活性化しているような状態なら、過剰に分泌されている皮脂を抑える半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)が有効です。

 

人前に出ると緊張して顔が真っ赤になってしまうタイプ、興奮したり激怒して顔を赤くするタイプは、憤り動揺する身体を鎮める作用の漢方が処方されます。

 

代表的なのは天王補心丹(テンノウホシンタン)知柏地黄丸(チバクジオウガン)、それに滋陰降火湯(ジインコウカトウ)等々。

 

一方、寒い屋外から暖められた室内に移動すると気温差で顔が赤くなるタイプ、ほてりなどによる赤み、お酒を飲んで顔が赤くなるタイプの方は、血流に問題を抱えている恐れがあります。

 

いわゆるどろどろ血液に近い状態で、血液の中に溜まっている栓のせいで血流がスムーズに流れない状態です。

 

その為毛細血管が広がりやすく、顔が赤くなると考えられます。参考→毛細血管拡張症

 

このタイプの体質と診断されたら、温経湯(ウンケイトウ)や桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)が処方される確率が高いでしょう。

 

どの漢方薬もドロドロ血液をサラサラ血液に改善する作用を持ちます。

 

赤ら顔対策のクリームならビタミンK配合の美容クリームが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 クリーム

赤ら顔はクリームによって随分状態が良くなる筈です。

 

赤ら顔を少しでも目立たなくする為には、赤みを抑える作用を発揮するビタミンK配合の赤ら顔クリームを選びましょう。

 

皮膚科を受診して赤ら顔を治す場合も、ビタミンK配合のクリームが処方される確率が高いようです。

 

皮膚科の赤ら顔治療では内服タイプのビタミン剤も処方されます。

 

クリームの場合ニキビが原因の赤ら顔の場合ビタミンB、乾燥による赤ら顔の場合ビタミンEが有効で、ビタミンKとこれらのビタミンをミックスしたクリームを出して貰えることもあります。

 

 
いずれにしても、赤ら顔を鎮めるのに即効性を発揮するステロイドは副作用が強く、一時的に症状が治まっても長期間使用することで状態は確実に悪化するので避けるべきです。

 

現在はステロイドの副作用問題が騒がれていますが、一昔前までアトピー性皮膚炎の救世主だったステロイドはごく当たり前に処方されていました。

 

一時的に使う分にはそう心配することはありませんが、アトピー性皮膚炎のように慢性化する病気の場合、処方薬も使い続けなければなりません。

 

強いステロイドを長年使い続けてきた患者さんの場合、脱ステロイド計画と言って段階を追って薬剤の量を減らさなければならない程、リスクの高い薬です。

 

ステロイドを顔に塗り続けたせいで皮膚が薄くなり、毛細血管が透けてしまうタイプの赤ら顔になっている方も少なくありません。

 

赤ら顔のクリームを病院で出して貰う時には、ステロイドを使いたくないと申し出ることも大切です。

 

赤ら顔のファンデーションをカバー力重視で選ぶのが危険な理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 ファンデ

赤ら顔はファンデーションで誤魔化すことができますが、カバー力重視で選ぶのは危険です。

 

赤ら顔になってしまう理由は個人差が激しいので一概には言えませんが、カバー力重視でファンデーションを選んでもそう問題はないのは自律神経の乱れで顔が赤くなってしまうタイプの女性ぐらいです。

 

また、月経が終わる50代以降に悩まされる更年期障害同様、ふとしたタイミングで急に頬がほてりだし顔の赤みが一気に増してしまう症状の場合、ファンデは控えた方が無難かも知れません。

 

赤みと同時に発汗作用も刺激される確率が高くファンデーションを厚塗りしていると大変な事態に陥る可能性があります。

 

 
ニキビやアトピーなどのアレルギー性皮膚炎、肌荒れがひどいせいで顔が赤くなってしまっている場合、ファンデーションを塗り重ねることで余計状態が悪化し赤みが増す恐れがあるリスクは把握しておきましょう。

 

相変わらずブームが続いているミネラルファンデーションも、皮膚呼吸を妨げることには代わりありませんから全く問題がないわけではありません。

 

もちろん、ある程度の年齢になると外に出る時に全くファンデーションを塗らないわけにはいきません。

 

赤みを抑えるグリーン系の赤ら顔専用ファンデーションも販売されていますし、カラーコントロールができて皮膚に負担をかけないファンデを選びましょう。

 

ほんのり色がついた日焼け止め乳液もオススメです。ニキビが原因の赤ら顔ならアクネ対策できるファンデーション…と多機能ファンデが活躍する筈です。

 

ニキビ肌の赤ら顔ならアクネケアやセラミドなど保湿効果の高い化粧水がおすすめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 2分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 化粧水

赤ら顔は化粧水次第でかなり改善の余地があります。

 

赤ら顔に効く化粧水は原因によって異なりますが、まずニキビのせいで顔全体が赤くなってしまっているならニキビを鎮静化する作用を発揮する化粧水が一番です。

 

顔全体が赤く見える程炎症を起こしてしまっているニキビが活性化している限り、赤ら顔トラブルから解放されることはありません

 

脂っこい食べ物を控えるなど普段の生活対策と同時進行で、アクネケアできる化粧水でお手入れしましょう。

 

ニキビ肌は乾燥しやすい為、潤いもたっぷり補充できるタイプがオススメです。

 

たまに清涼感だけの実は肌に刺激が強過ぎるアクネローションもあるので、気をつけて下さい。

 

また、極度の乾燥、肌荒れによる赤ら顔の場合、セラミドなど保湿効果に優れた成分を配合している化粧水がぴったりです。

 

肌に触れてみて乾燥よりもたるみが気になるようなら、コラーゲン配合の化粧水も試す価値がある筈です。

 

 
要は健康的な肌を取り戻す為に、土台を整える化粧水を選ぶことが大切です。

 

赤ら顔専用の化粧水もあるのでそういった専用のものでケアした方が手っ取り早いかも知れません。

 

スキンケアとしては、オイズのPBジェル“"、ドクターシーラボのレッドフェイストナーやヌウのアカラフォーミュラ、気温差による赤ら顔に効くと評判のデルマローズトニックなどが有名です。

 

また、美容皮膚科でドクターズコスメを処方して貰えば、必要なビタミン剤などの内服剤も出してくれる筈なので内側と外側からダブルアプローチすることが可能です。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 33,315ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,913ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,320ビュー
  4. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,874ビュー
  5. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,828ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,660ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 10,408ビュー
最近の投稿