スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

酒さに効果の高いフォトフェイシャルも万能ではない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

フォトフェイシャル

酒さにフォトフェイシャルはよく効きますが、フォトフェイシャルで症状を改善することができるのは血管拡張タイプの赤みです。

 

酒さの赤み症状が炎症のせいで引き起こされている場合、残念ながらフォトフェイシャルで劇的な改善は期待できません

 

拡大鏡などで皮膚の赤み部分を観察し、糸状のうっすらと赤い筋で出ているようなら血管が拡張している証拠です。

 

もちろん、酒さは同時に様々な症状が現れる厄介な皮膚疾患ですから、炎症による赤みと血管拡張による赤みが混在しているケースも充分あります。

 

いずれにしてもフォトフェイシャルを照射すれば、血管拡張部分の赤みが薄らぐ可能性はあります。

 

ただし、フォトフェイシャルは自由診療扱いになるので費用が高くなる点がネックです。

 

しかも、レーザー治療同様、1回照射しただけで劇的に改善するものではなく、定期的に照射を繰り返す必要がある為その分高額の出費を覚悟しなければなりません。

 

更に出力の調整に失敗すれば状態が更にひどくなる恐れがありますし、そもそもフォトフェイシャルを何回受けたところで完治するわけではありません。

 

 
あくまでも一時的に酒さの症状を抑える力しかないことは覚えておいて下さい。

 

顔全体の美肌効果が得られますしメリットも多いアプローチ方法ではありますが、大体1回1万円から5万円の治療を5回から10回続けることになるので金銭的な余裕がないとトライすることができません。

 

ちなみに、もしフォトフェイシャルに挑戦する時は施術者の技量に問題はないかどうか、最先端のマシンを導入しているかどうか、費用の問題以外もしっかりチェックしましょう。

 

酒さと赤ら顔って症状や原因も違うものなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

酒さ 赤ら顔

酒さと赤ら顔はどう違うのでしょう。

 

分かりやすくご説明すれば、酒さは病名、赤ら顔は症状を表現する言葉です。

 

赤ら顔と言う病名があるわけではなく、酒さと言う病気の1症状として赤ら顔になります

 

赤ら顔になる病気は酒さ以外にも、アトピー性皮膚炎やニキビ、脂漏性皮膚炎など複数挙げることができます。

 

しかも、これらの病気は同時に起こることもありますから、まさに医者泣かせの難病と言えます。

 

ただ顔が赤くなるだけで生命が奪われるような病気ではありませんが、顔がずっと赤く湿疹に覆われた状態が続く辛さは経験した人間にしか分からない苦痛です。

 

 
実際、日本には酒さの専門医が少ない状況な上、原因も治療法も解明されていない病気です。

 

可能性のある病気を1つ1つ排除し、色々な薬、治療法を試した上で長期間かけてようやく本当の病名診断に至ったケースも多く、治療費用もバカになりません。

 

しかも酒さ、赤ら顔の治療方法はレーザー治療やフォトフェイシャルなど、自由診療扱いの高額治療費がかかるものも少なくありません。

 

途中で治療を断念し、赤ら顔を治すことを諦めてしまう患者さんも少なくないようです。

 

ニキビのような湿疹が現れることも多く、ファンデーションやコンシーラーでは隠しきれない凹凸に悩み、外出するのが精神的ストレスになってしまった女性も多く、単なる赤ら顔とは決して言えない複雑な病気です。

 

最近はアトピー性皮膚炎同様、漢方や腸内環境を整える善玉菌サプリメントなどで体質から変えていくアプローチに注目が集まっています。

 

高額なフォトフェイシャルで赤ら顔治療する時の注意点とポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

フォトフェイシャル

赤ら顔をフォトフェイシャルで治すのは、数ある治療手段の中でも贅沢な部類に入ります。

 

何しろ、フォトフェイシャルを受ける費用は1回1万円から5万円程度

 

各クリニックに導入されているフォトフェイシャルの種類によっても金額は変わってきますが、いずれにしても最低5回から10回程度、回数を重ねる必要があります

 

赤ら顔トラブルの重症度にもよりますが、1クールで終えたとしても5万円前後から25万円もの治療費がかかる計算になります。

 

ビタミンkなど赤ら顔緩和効果のあるクリームでケアする方法と比べると、お金がかかることは間違いありません。

 

実際にフォトフェイシャルの情報を調べている方は、クリニックによってかなり値段に差が出ることに驚いているかも知れません。

 

 
費用と治療効果は必ずしも一致しませんが、相場より高くても最新機器を利用できるクリニックならその分少ない施術回数で済む可能性は大いにあります。

 

また、同じフォトフェイシャルによる赤ら顔治療も、赤み部分に関わらず1回の施術費用で計算するクリニックとパーツ毎に細かく計算してくれるクリニックがあります。

 

もし頬だけ、鼻周りだけ・・・と部分的な顔の赤みに悩まされているなら、パーツ計算してくれるクリニックを選んでコスト対策しましょう。

 

予算に合わず、フォトフェイシャルを諦めている方も少なくないようです。

 

ただ、フォトフェイシャルは赤ら顔以外にも毛穴の開きやニキビ、ニキビ跡、たるみ、シミ、小じわなど様々な美容トラブルに効きます。

 

肌全体が目に見えて美しくなる点が魅力的なので、試す価値は十分にある筈です。

 

ビタミンCやビタミンEのイオン導入を使えば赤ら顔は改善できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

イオン導入

赤ら顔はイオン導入を行っても直接的な治療効果を期待することはできません。

 

ただし、何度も定期的に行うことで肌の状態を改善することはできます。

 

イオン導入によって化粧水の有効成分を皮膚の奥まで浸透させることができますし、細胞レベルで活性化させる作用に優れています。

 

イオン導入に用いられる美容成分によって具体的な美容効果は異なりますが、赤ら顔の場合一番メジャーなのはビタミンCです。

 

皮膚のコラーゲン量、ヒアルロン酸量を増やす働きで知られるビタミンCは、肌の美白効果でも有名ですよね。

 

乾燥が気になる時はビタミンAやビタミンB5もブレンドしましょう。また、顔の血行不良による赤ら顔タイプに効くのはビタミンEです。

 

イオン導入は1回15分程度の施術時間で済む手軽な美容メニューですが、5~6回を1クールとして繰り返し行うようドクターからも提案されることが多いでしょう。

 

サプリメントも飲みながら、こういった赤ら顔に効くビタミン類を皮膚に導入することで、次第に顔の赤みも目立たなくなっていく筈です。

 

 
症状によってイオン導入とフォトフェイシャル、超音波イオンなどの施術の併用が効果的になります。

 

ただし予算との兼ね合いもありますから各治療メニューの費用も把握しておきましょう。

 

イオン導入自体、クリニックによっては1回3,000~5,000円程度で済むこともありますが、ビタミンカクテルを導入する場合1回15,000円以上かかることもあります。

 

費用は導入する美容成分と導入部位、導入時間によっても変わります。

 

シミと赤ら顔を同時に治療できるフォトフェイシャルの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 しみ

赤ら顔でシミも目立つなら、美容皮膚科で施術できるフォトフェイシャルが有効です。

 

アンチエイジングメニューとしても絶大な人気を誇るフォトフェイシャルのメリットは、レーザー治療のようなリスクを伴うことなく強力な美容効果を得られる仕組みです。

 

伝達力に優れた光エネルギーを患部に照射することで、赤ら顔やシミ、くしみ、たるみなど女性が気になる美容トラブルをまとめて改善してくれます。

 

同じシミでも肝斑の場合違う対処法が必要ですが、一般的なシミ、ソバカス、そして赤ら顔なら5~6回繰り返すだけでかなり状態が良くなる筈です。

 

費用はクリニックによっても異なりますが、大体1回10,000円以上するので決して安い治療とは言えません。

 

ただ、赤ら顔とシミを同時に対処できる上、タルミやクスミなど他の気になる美容トラブルも改善できるので試す価値はあるのではないでしょうか。

 

赤ら顔、シミ、酒さをフォトフェイシャルで治療する場合、洗顔後、20分から30分程度専用ピースを皮膚にあてて光線を照射します。

 

 
多少肌が引っ張られるような痛み、ヒリヒリと熱く感じることもありますが、レーザー治療に伴うハードな痛みとは比べものになりません。

 

1ヶ月に1回のペースで半年程度施術を続けましょう。

 

施術後数時間ほど赤みが出ることもありますが、メイクもすぐにできますしお仕事帰りにも手軽に施術できるメニューです。

 

ただしフォトフェイシャル前後は日焼けを避け、治療を受けた後は特に日焼け止めなどで紫外線対策を行う必要があります。

 

赤ら顔に絶大な効果があるレーザー治療も失敗0%とは限らない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 レーザー

赤ら顔にレーザー効果が失敗に終わる可能性はあるのでしょうか。

 

ズバリ、結論から申し上げますと、赤ら顔に絶大な効果を発揮することで知られるレーザー治療も、失敗するリスクは十分にあります。

 

レーザー治療に関わらず、美容皮膚科で行われる威力の強い治療方法は肌への負担も強く、思うような効果が出ない上に新たな肌トラブルに見舞われる可能性もあります。

 

 
出力をきちんと見極めることができるドクターが在籍し、最新機器を導入しているクリニックならそうそう心配することはありません。

 

ただ、期待していた治療効果が得られなかった場合も1つの失敗にカウントされる筈です。

 

レーザー治療はフォトフェイシャルなどの治療法同様、5~6回を1クールとして繰り返し施術する必要があります。

 

使用するレーザーの種類、赤み部分、赤みの強さにもよりますが、レーザーを用いた赤ら顔治療は、顔全体だと1回5,0000~100,000円前後かかるのが相場価格です。

 

びっくりする程高いですよね。半年程度治療すると単純計算でも30万円から60万円程度のお金が飛んでいきます。

 

ここまで大金を費やして、あまり治療効果が得られないとなると医療機関に対して不信感が湧いてくる筈です。

 

「レーザーでもダメだった・・・」と絶望的な気持ちになってしまいそうです。

 

ただ、治療効果が低かった場合よりも問題なのは、赤みが余計強くなってしまったり、火傷やシミになってしまう失敗ケースです。

 

万が一、こういった事態に陥ることを考慮し、レーザー治療を受ける時は保証体制まできちんとチェックしてから契約を取り交わすようにして下さい。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓

オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 33,315ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,913ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,320ビュー
  4. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,874ビュー
  5. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,828ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,660ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 10,408ビュー
最近の投稿