スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

顔の毛細血管拡張症の原因と良く効く漢方薬の見つけ方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症 顔

毛細血管拡張症が顔に出る原因は漢方で取り除くことができるかも知れません。

 

インターネットで「毛細血管拡張症 顔 漢方」と言うキーワードで検索してみて下さい。

 

毛細血管拡張症はレーザー治療のような光治療でも症状を軽くすることができますが、そういった外からのアプローチの他、身体の内側から働きかける漢方治療も人気を集めています。

 

レーザー治療は皮膚に対する負担が強く、値段が高い上に必ず効果があるとは限らない治療法です。

 

太めの血管を目立たなくする為に硬化剤を注射する硬化療法も、色素沈着トラブル、しこりトラブルに見舞われるリスクを伴います

 

時間がかかってもじわじわと効く可能性があるなら漢方治療を試したい、と考えるなら是非専門医のところで診察を受けてみましょう

 

西洋医学のお薬は体質に関わらず症状によって処方薬が決まりますが、漢方薬は今出ている症状だけではなく元々の体質も考慮し、どの薬を処方するのか決定されます。

 

 
この判断は専門医にしかできませんし、根本的な原因を突き止める為にも自己判断は禁物です。

 

毛細血管拡張症自体、お酒の飲み過ぎで引き起こされることもありますし、薬の副作用で症状が現れることもあります。

 

まずはご自身の病状の原因を探ることから始めなければなりません。

 

アルコールが原因なら禁酒こそ治癒の近道になりますし、薬の副作用として症状が出ているなら、治療方法を考えるところから取り組む必要があります。

 

そもそも、毛細血管拡張症と症状がよく似た他の病気もありますから、本当に顔の病的な赤みが毛細血管拡張症のせいなのか、診断して貰う必要があります。

 

漢方治療のメリット&デメリット

 

毛細血管拡張症はアトピー性皮膚炎と併発しやすいことで知られていますが、ステロイド外用薬の副作用として慢性的な赤ら顔になってしまうパターンが珍しくありません。

 

こういった西洋薬剤の弊害が広まるにつれて、東洋医学に基づいて処方される漢方治療にも注目が集まっていますが、速攻性は期待することができません

 

他の皮膚病も併発し症状が重症化している場合、独断でいきなりステロイドを止めて漢方薬を飲み始めるのは大変危険です。

 

漢方治療に明るいドクターなら、ステロイドと漢方薬を上手く併用しながら徐々に漢方1本に絞っていくような治療も可能な筈なので、信頼できるお医者さんを探すことから始めましょう。

 

毛細血管拡張症の漢方治療はどの病院でも行っているわけではありませんし、漢方を処方してくれる医療機関を見つけることが先決です。

毛細血管拡張症で鼻の赤みが起こる原因と対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛細血管拡張症の鼻の赤み

毛細血管拡張症が鼻に出る原因は薬の影響だと言われています。

 

元々皮膚が薄い方は気温の変化ですぐに毛細血管が拡張しやすく、慢性的な赤ら顔に悩まされている寒い地方の住人も少なくありません。

 

ニキビや皮脂による炎症、アルコールなど刺激物の過剰摂取によって発症する例もありますが、薬剤治療の影響で鼻が病的に赤くなることもあります。

 

病状を悪化させない為にも、まずはご自身の鼻の赤みを引き起こしている原因を探ることから取り組む必要があります。

 

原因によって対処法も違います

 

既にアトピー性皮膚炎などでステロイド外用薬を塗布している場合で、最近鼻の赤みが気になる・・・と言うことであれば、薬の副作用が鼻に出ている可能性が強いでしょう。

 

アトピー性皮膚炎以外にも、ケロイド治療などでもステロイド外用薬は処方されます。

 

いずれにしてもステロイドを長期間使い続けると毛細血管が浮き出て見える程皮膚がどんどん薄くなり、やがて毛細血管拡張症と言う新たな病を招き寄せてしまうことになります。

 

レーザー治療の受け方

 

鼻の毛細血管拡張症を治療する方法にも色々ありますが、有効な治療法の1つにレーザー治療があります。

 

ただ、レーザー治療は症状、治療段階に合わせてレーザーの種類、出力を使い分けることが重要です。

 

たまに「レーザー治療はお金も時間もかかる割にあまり効果がない」なんて意見も見掛けますが、恐らく症状に合っていないレーザーで治療した結果、思うような効果を得られなかったと考えられます。

 

 
保険が適用される為、恐らく最初に受ける確率が高いのがVビームと言う色素レーザーですが、このレーザーが確実に効くとは限らないので注意が必要です。

 

Vビームでしばらく治療を続け、改善の兆しが見えてこないようなら、たとえ自費診療でも違う機種にトライしてみるべきです。

 

レーザー治療は手っ取り早く皮膚の赤みを消すことができる魔法の治療法・・・と誤解されているかも知れませんが、実は根気のいる治療法です。

 

例えば肌の表面に細かい血管がちりちり浮いている状態なら、ヤグレーザーやVスタレーザー、全体にぼんやりと赤くなっているだけの軽度の肌の赤み状態ならダイオードレーザー、など重症度に応じてレーザーを使い分けます。

 

保険が使えるレーザーを導入していることはもちろん、もしVビームが効かなかった時の為に最新レーザーも複数台揃えているかどうか、受診の際は皮膚科の設備面も必ずチェックしましょう。

毛孔性苔癬になりやすい大きな原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性苔癬 原因

毛孔性苔癬の症状が出てしまうと、本当に辛い気持ちになる場合が多いです。

 

目に見えない場所にできるのであればまだしも、二の腕などに出る場合が多いので、女性にとっては本当に辛い症状です。

 

原因ははっきりとは判明していませんが、毛穴に毛が詰まってしまってぶつぶつができている可能性や、肌の角質が原因となっている場合もあります。

 

毎日お風呂に入っている人であれば、体を清潔に保っているので、不潔にしているのでこのような症状が出たと考えるのは間違っています。

 

肌への刺激が悪化を招く?

 

肌の角質が原因となっていたとしても、毛孔性苔癬の症状が出てしまったら、強い刺激を与えることはやめておきましょう。

 

強い刺激を与えると毛孔性苔癬の症状をよりひどくしてしまいますので、注意が必要です。

 

1日でも早く治したいという気持ちは理解できますが、症状が出ている部分にばかり注意を向けていると、どうしても刺激を与えてしまい逆効果になってしまいます。

 

原因を取り除けば自分でも処置できるのではないかと考えるかもしれませんが、その人によって毛孔性苔癬の症状が出ている原因は異なります

 

ですから一番良いのは皮膚科医に診察をしてもらうということです。

 

ある程度の期間、治療する必要がありますが、ほとんどの人は症状を緩和することができます。

 

 
一番怖いのはストレスが原因で心の病になってしまうことです。そうならないためにも症状が出たら早めに治療を開始することが大切になるでしょう。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓
ブログランキング
オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 33,315ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,913ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,320ビュー
  4. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,874ビュー
  5. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,828ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,660ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 10,408ビュー
最近の投稿