スキンケアラボ

スキンちゃんの肌ケアー

赤ら顔、肌の薄さ(ビニール肌)の悩みを克服したい人が読むブログ!

毛孔性苔癬の赤みでノースリーブが着られない悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

毛孔性苔癬 赤み

毛孔性苔癬の赤みは目立つので、患部を気にしてノースリーブが着られない・・・とお悩みの女性が少なくありません。

 

毛孔性苔癬を発症するのは女性が大半で、男性の発症例はそう多くありません。

 

そもそも男性の場合、二の腕などに毛孔性苔癬ができてもあまり気にならないようです。

 

子供の頃に発症したものの、大人になって自然に治るケースも珍しくありません

 

10代で皮膚科を受診しても「成長したら自然治癒します」と本格的な治療に取り組んで貰えない確率が高いでしょう。

 

そもそも、毛孔性苔癬は赤みが目立つ、と言った外見上の問題を抱えていますが、強い痛みや痒みを伴うことはなく健康を脅かされることもありません。

 

 
更に、「この治療法で確実に治る」と言う治療法も確立されていませんから、探り探り薬を試して行かなければなりません。

 

皮膚科で一般的に処方されるのは、毛穴に詰まった角質を溶かす為の尿素やサリチル酸を配合した軟膏、クリームです。

 

角質溶解作用のある外用薬で、余計な角質を取り除くアプローチです。

 

皮膚の水分が不足すると症状が悪化し患部の赤みも強く出る傾向にありますから、ヒルドイドなどヘパリン類似物質を含む保湿剤も処方されます

 

ちなみに、尿素は保湿効果も高く角質を軟化させる作用にも優れている為、まずは市販されている尿素配合のクリームにトライしてみてはいかがでしょうか。

 

ただし、尿素は濃度が高くなると刺激も強くなります。

 

膝やかかと用の高濃度タイプは40%以上の尿素が配合されていますが、二の腕など柔らかい部分に症状が出ている場合は10%前後の低濃度タイプから試してみて下さい。

 

赤ら顔の赤みをカバーするベースメイクの選び方とポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

ベースメイク

赤ら顔のベースメイク選びでは、やはりカバー力を重視してしまいたくなる筈です。

 

ほんの少しの赤みならむしろ健康的な印象を与えますが、病的に顔が赤いと「もしかしてお酒飲んでる?」なんて周りの何気ない言葉に傷つくこともありますよね。

 

「凄い興奮しているみたい」、「激情型?」なんて赤ら顔の方がよく言われる言葉を聞きたくないあまり、毎朝徹底的にベースメイクで赤みをカバーしている女性も少なくない筈です。

 

けれど、肌の強い赤みを化粧品で誤魔化すには限界があり、赤みは目立たなくなっても「なんだか厚化粧の人」と言うそれはそれで不名誉なイメージを与えてしまいます。

 

 
最近の赤ら顔専用のコスメは美容成分もたっぷり配合されているので安心ですが、皮膚に負担をかけない為にも症状が落ち着くまでメイクを控えることは最短治療の鉄則です。

 

ベースメイク選びではカバー力よりも、赤みを抑える成分が配合されたものを優先しましょう。

 

例えばプラセンタビタミンKも、赤ら顔によく効く美容成分として有名です。

 

血管を拡張し炎症を抑える作用をもたらすアルニカ花エキスも、赤ら顔対策に有効な成分です。

 

フラボノイド成分をたっぷり含むセイヨウサンザシエキス、アレルギー対策にもぴったりなグリチルリチン酸2K配合のベースメイクも、メイクしながら赤ら顔対策ができる優秀コスメです。

 

また、クレンジングによるダメージを減らすことができますので、洗顔石鹸で簡単に落とせるタイプのベースメイクも試してみて下さい。

 

BBクリームを上手く使えば赤ら顔をごまかせる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

bbクリーム

赤ら顔とBBクリームで上手く誤魔化すことができます。

 

スキンケア成分が多いBBクリームほど肌に負担をかけません。

 

登場以来大ヒットしているBBクリームは、一般的なファンデーションとは異なり日焼け止め成分や化粧下地、美容液など1本でマルチな機能を兼ね備える優秀コスメです。

 

基本的なお手入れとお化粧が1本で済む為、肌に触れる回数も少なくて済みますし、ヒリヒリする程炎症を起こしている赤ら顔にも余計な刺激を与えることがありません。

 

もちろん、赤ら顔がひどく皮膚の状態が不安定な時はできるだけお化粧はしない方が理想的ですが、働いているとノーメイクではいられない状況も多いでしょう。

 

社会人ならある程度お化粧をしないと失礼にあたる恐れがありますし、接客業など人前に出るお仕事もメイクで赤ら顔をカバーする必要があります。

 

普通のファンデーションを使うよりもBBクリームの方がぐっと皮膚への負担が少ない為、スキンケアしながら赤みをカバーできるものを探しましょう。

 

洗顔料だけで落とすことができるタイプもオススメ

 

 
ただし、いくら美容成分がたっぷり配合されたBBクリームでも、塗りっぱなしはNGです。

 

帰宅したらすぐにお化粧を落とし、寝る直前まで塗りっぱなし…なんてパターンは厳禁です。

 

また、BBクリームは肌に優しい分、ファンデーション機能はそう高くありません。

 

赤ら顔を目立たなくするにはカバー力がいまいちで色の展開も少なく、オイリースキンにはうまく乗らずにすぐに崩れてしまう弱点も抱えています。

 

ニキビなどの肌炎症が原因の赤ら顔トラブルの対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 にきび

赤ら顔が炎症のせいで引き起こされているケースは非常に良くあります。

 

元々皮膚の表皮細胞が極端に薄いせいでいつも顔が赤く見えるタイプや、神経性の赤ら顔はどちらかと言うと少数派です。

 

むしろアトピー性皮膚炎やかぶれ、ニキビなどの炎症が原因になっている確率の方が高いでしょう。

 

炎症による赤ら顔トラブルが厄介なのが、それぞれの原因が連動しやすいことです。

 

アトピーにしてもニキビにしても、肌が炎症を起こしているとちょっとした刺激に反応しやすくなりますし、皮脂腺にも影響が及びます。

 

従って元々アトピー性皮膚炎で症状をこじらせるうちにニキビや吹き出ものができたり、ニキビのせいで皮脂分泌が活発になって脂漏性皮膚炎が起きるケースも珍しくありません。

 

 
こうなると顔がいつも何かしらのトラブルを起こしている状態で、ブツブツや赤みがどの病気によるものなのか明確に区別することができません。

 

炎症を起こしてヒリヒリし、顔をしっかり洗うことができずに不衛生な状態になり、余計皮脂量が増えたり毛穴が詰まってしまうこともよくあります。

 

炎症による赤ら顔トラブルが治癒するまでにはそれなり時間がかかることは覚悟しなければなりません。

 

顔の赤みよりも、まずは炎症の原因を探り症状を鎮めることを最優先しましょう。

 

お化粧も炎症が落ち着くまで我慢し、できるだけ早く沈静化させるべくシンプルなケアで肌に余計な負担を与えないよう注意します。

 

赤みが強いと外出時に気になりますが、カバーしようとして厚化粧してしまうとそれだけ回復が遅れます。

 

赤ら顔なら下地は厚塗りせずにナチュラルメイクの方が良い理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 3分

『赤ら顔』『アトピー』『大人ニキビ』にお困りの方へ→ 冬場のケアに最適な⑤種の"美肌菌"とは?

赤ら顔 メイク

赤ら顔で下地を整えることに全力を注いでいる女性をたまに見かけますが、1日でも早く顔の病的な赤みから解放されたいなら厚化粧は禁物です。

 

結婚式などたまにしかないイベントの時は、カラーコントロールの下地でお手入れし、赤みを目立たなくする為に多少厚塗りになってしまっても仕方ありません。

 

けれど普段のお化粧では、できるだけ皮膚に負担をかけないナチュラルメイクが基本です。

 

トラブル肌に日焼けは厳禁なので基礎化粧品とUVカットアイテム、あとはベビーパウダーを軽くはたくぐらいで仕上げましょう。

 

カラーコントロールも何本か使い、リキッド&パウダーファンデーション・・・と何層にも下地を重ねてしまうと、皮膚呼吸が妨げられてしまいます。

 

しかも落とす時、クレンジングでも相当な負担になります。

 

 
肌のことを考えず、こういった一時的な誤魔化し対策に逃げてしまうと、赤ら顔部分も悪化します。

 

元々問題がなかった毛穴まで汚れたり塞がってしまい、全体的に汚い肌になってしまいます。

 

肌の汚さを隠す為に更に化粧が濃くなる悪循環に陥ってしまっている女性も少なくありませんが、たった1週間でも下地を省くだけで肌に休息タイムが与えられます

 

赤ら顔トラブルに見舞われている本人は絶対に肌の赤みを気づかれたくない、と意固地になってしまっているかも知れません。

 

けれど赤みを隠す為に不自然なほど下地を塗り固めると厚化粧の人、と言うイメージがついてしまいます。

 

赤ら顔でも厚化粧でも周りは自分が感じるほど気にしていません。それなら赤ら顔回復の為にお化粧を控えた方がよほど良いですよね。

 

【特集】肌の赤みケア
祝!ランキング第1位♪
今日のスキンちゃんは第何位?
クリックして確認↓

オーガニックコスメランキング
良く読まれている人気記事
  1. 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 赤ら顔は肝臓や心臓などの他の病気と関わっている可能性があるって本当? 33,315ビュー
  2. 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 病院の酒さ治療で症状を完治させることはできるの? 12,913ビュー
  3. 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 毛孔性苔癬に効く市販されている薬の効能ってどうなの? 12,320ビュー
  4. 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 顔が真っ赤になってしまう赤ら顔に効果的な3つの漢方薬とは? 11,874ビュー
  5. ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? ツムラの漢方「清上防風湯」が酒さに効くって本当? 11,828ビュー
  6. 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 解毒に関わる肝臓機能が低下すると赤ら顔になりやすくなる? 10,660ビュー
  7. 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 毛細血管拡張症治療で皮膚科での保険が効く条件とは? 10,408ビュー
最近の投稿